2007年01月17日

バスで漓江の側下り - 朔陽・興坪/中国 (2006.9-10 父一人旅アジア周遊58)

 

桂林は大観光都市だ。

ここに来た観光客の多くがここから漓江下りの船に乗る。しかしこれが安くない。外国人様はお一人460元、人民の皆さまですら240元ほどする。日本人は人民に混じることが事実上可能だが電信賓館のツインルームが100元、1食が5-10元の中国ではかなりの大金だし、もちろん私にも大金だ。

そこで私は敢えて船に乗らない方法を取った。漓江の側だが川は見えない道路を、バスで朔陽まで降りる。片道約10元、約1時間の道下りだ。


yanshou_town_mountain.jpg

----------------------------------------------------------------


(…続き・全文を読む) / (ランキングへ)

2007年01月16日

桂林の宿と船下り価格 (2006.9-10 父一人旅アジア周遊57)

 

夜の7時に桂林のバスターミナルに着いた私は、とりあえず宿を探さなければならない。

バスを降りるや否や、客引きが声をかける。通路でも頻繁に声をかけるが「不要(Puu Yao)」の一言でスルーする。本当はこういう客引きについていくのもそれほど悪い選択肢ではない。少なくとも間違いなくラックレートの数割で宿泊できるからだ。宿の目安がない場合、この種の怪しいおじさんやおばさんについて行くのも、決して悪いことではない。

keirin_telecomhotel_90yensign.jpg


----------------------------------------------------------------

(…続き・全文を読む) / (ランキングへ)

2007年01月15日

ハノイ-桂林を1日で快適陸路移動 - (2006.9-10 父一人旅アジア周遊57)

 

さて、そろそろ中国に戻ろうと直通(乗換え)バスを探す。
しかしこのチケットが手に入らない。本物のシンカフェでは「直通は列車でしか不可能」との返事しかないし、他の代理店をあたってみても直通チケットは見つからなかった。

han_gui_kinsantravel.jpg

----------------------------------------------------------------

(…続き・全文を読む) / (ランキングへ)

2007年01月14日

ハノイの安くて旨い物 - ハノイ/ベトナム (2006.9-10 父一人旅アジア周遊56)

 

ベトナムは食べ物が旨いと言われる。
あんなきつい性格なのに本当かとも思うが、これは本当だ。ベトナム人は性格はきついがその分仕事はきっちりしているので、料理も旨い。また、日本人の嗜好に近いという側面もある。

NOM_up.jpg

----------------------------------------------------------------

(…続き・全文を読む) / (ランキングへ)

2007年01月13日

ハノイサイクリングツアー - ハノイ/ベトナム (2006.9-10 父一人旅アジア周遊55)

 

本物と偽物のハノイヒルトンを見学し、更に自転車をこぐ。

少し南下したところには、あの名物ローカル番組「水曜どうでしょう」の聖地の一つである、ホテル日航ハノイはある。とりあえず記念撮影。いい年してなにやってんだか、である。^^;

nikkouhanoi_crossroad.jpg

----------------------------------------------------------------

(…続き・全文を読む) / (ランキングへ)

2007年01月12日

ホアロー刑務所とギロチン - ハノイ/ベトナム (2006.9-10 父一人旅アジア周遊54)

 

せっかくなので宿の前で自転車を借りる。1日$1。$3でバイクも借りられるのだが、一方通行のの多いハノイでは絶好の警官のカモになりそうだったし、さほど広くもない中心街、自転車で十分だと考えたのだ。盗難も怖い。NGOC DUNC HOTELのご主人に間に入ってもらったので、料金も何かと安心だったとも思う。

hanoi_hoaro_prison_grotinUP.jpg

----------------------------------------------------------------

(…続き・全文を読む) / (ランキングへ)

2007年01月11日

ハノイのイチオシ宿 NGOC DUNG HOTEL - ハノイ/ベトナム (2006.9-10 父一人旅アジア周遊54)

 

ベトナムは厳しい。特にハノイは厳しい。

何が厳しいかと言うと人が厳しい。別にことさら友好的な姿勢を願っている訳ではないのだが、定価がある物ですら場合によっては価格交渉が必要だ。なんというか、インド北部などのきつさに東南アジア的な粘っこさをブレンドしたようなそんな空気で、外国人旅行者など格好の餌食だ。

NGOCDUNG_entrance.jpg

----------------------------------------------------------------]


(…続き・全文を読む) / (ランキングへ)

2007年01月10日

中越国境 南寧ルート詳細 - 南寧/中国・ハノイ/ベトナム (2006.9-10 父一人旅アジア周遊53)

 

寝台バスは早朝6時頃南寧のバスターミナル着いた。
ターミナル1階にあるKFCで朝食を取り、ついでに洗面所で洗顔や歯磨きをする。さすがに歯磨きは奇異な目で見られるかと多少心配もしたが、店員は全く意に介した様子を見せない。場所柄慣れているのかもしれない。

nan_hanoi_border2_yuugikaku.jpg


----------------------------------------------------------------


(…続き・全文を読む) / (ランキングへ)

2007年01月02日

中国寝台バス事情 - 深セン-南寧/中国 (2006.9-10 父一人旅アジア周遊52)

 

その昔、中国の寝台バスは地味に嫌な乗り物だった。

一応体を伸ばせることはありがたい。リクライニングもままならない観光バスタイプの夜行に乗ったことがあれば分かっていただけると思う。寝台バスでは体が伸ばせるのだ。

Sbus_seat1.gif

----------------------------------------------------------------続きを読む

2007年01月01日

深セン経済特区 - 深セン/中国 (2006.9-10 父一人旅アジア周遊51)



Mt.Davisが使えないと知った私は山を下り、クレジットカードの現地デスクに向かう。1月のホテル事情や相場を知るためだ。もちろん手頃な物があったら予約をしても良い。

HK_border.gif

----------------------------------------------------------------続きを読む

2006年12月31日

マウントデービス ユースホステル Mt.Davis YH / 香港 (2006.9-10 父一人旅アジア周遊50)



この冬休み、家族旅行で香港に行く。期間は1週間ほどだ。

しかし香港のホテルは高い。泣きたくなるほど高い。
いつの日にか安くなることを夢見ていたのだが慢性的なホテル不足なのだ。特にここ数年は大陸からの観光客が激増し、事態は好転する気配を見せない。そんな中5人家族が7泊するとなると、宿代は痛い。

HK_YH_View.jpg

----------------------------------------------------------------続きを読む

2006年12月30日

香港ドラゴン航空361便 (2006.9-10 父一人旅アジア周遊49)



ダイバードで娘の運動会に行けなかった私は、家族に平謝りするハメになった。なんだか謝るために一時帰国したかのようだ。

Dragon_view.gif


----------------------------------------------------------------続きを読む

2006年12月29日

関空にダイバード (2006.9-10 父一人旅アジア周遊48)



旅行の途中だが、一度日本に帰らなければならない。次女の運動会があるのだ。父親たるもの、娘の運動会にビデオカメラを持って参観しない訳にはいかない。

kix_nw.jpg

----------------------------------------------------------------続きを読む

2006年12月28日

楽宮旅社,北京飯店,JULYホテル (2006.9-10 父一人旅アジア周遊47)

かつて日本の個人旅行者はバンコク中央駅周辺に良く泊まっていた。

それまではラマ4世通りを東にいったマレーシアホテル周辺が安宿エリアとして有名だったのだが、駅の付近にはもっと安い宿があるとの噂が流れ、そちらに移動したのだ。

駅の西側にある運河の橋を渡り、運河沿いの道を少し歩くと、左側に「7月22日記念公園」の噴水が遠くに見える道がある。なぜ7月22日なのかは忘れた。何かの記念日だったように思う。

suwani1.jpg


----------------------------------------------------------------続きを読む

2006年12月26日

トップページを1/20以下に軽くしました



「読みたいのだけれどトップページが重すぎ」「どこにどの街の情報があるのかわかりにくい」とのお叱りをいただき、「続きを読む」タイプにして、トップページを軽くしました。

以前に比べ平均1/10以上、今月に至っては1/20以上軽くなっていると思います。

記事の内容は、各自ご興味をお持ちの部分だけお読みください。^^
今後も、このシステムで記事を追加していきたいと思います。

全体の構成も、少しは分かりやすくなりましたでしょうか?


ランクアップを楽しみに書いています。よろしかったらぜひクリックをお願いします ^^ 人気blogランキング banner_02.gif

にほんブログ村 子育てブログ
にほんブログ村 旅行ブログ
posted by 主 at 00:12| 日記

2006年12月25日

バンコクの秋葉原・クロントン市場 - タイ (2006.9-10 父一人旅アジア周遊46)

 バンコクの市内には何カ所か市場がある。

大きな市場では何でも扱っているが、やや規模は小さくなるが専門市場はその商品が好きな人には内容が濃くて楽しいし、なにより値段が総合市場より安い。そしてバンコクで電気製品や自動車用品を安く買おうとなると、中華街にあるクロントン市場になる。

kronton_1.jpg


----------------------------------------------------------------続きを読む

2006年12月24日

シリラート病院 解剖学博物館 (Siriraj Hospital) - バンコク/タイ (2006.9-10 父一人旅アジア周遊46)

大腸洗浄で身も心も軽くなった私は、病院をハシゴしたい気分になった。


「もう一軒行こうじゃないか!」だ。といってもう飲みたい訳じゃ、いや、治療を受けたい訳じゃない。見学だ。バンコクノイ(トンブリ)駅の隣にはその筋では有名な「シリラート病院」がある。

sirahos_recpt.jpg

----------------------------------------------------------------続きを読む

2006年12月22日

A-One-Inn (エーワンイン) - バンコク/タイ (2006.9-10 父一人旅アジア周遊44)

さてお腹もいっぱいになったし、今夜の宿を決めなければならない。

バンコクの安宿は時代によってエリアが変わってきた。

今から四半世紀前には、RAMA4世通り東にある、"Malaysia Hotel"とその界隈が安めのホテルが多いエリアとして知られていた。まだ、ホテルと警官がグルになって旅行者から賄賂を巻き上げていた時代のことだ。

BKK_a1_view.jpg


----------------------------------------------------------------続きを読む

2006年12月21日

"焼きしゃぶ"食べ放題 大同門 - バンコク/タイ (2006.9-10 父一人旅アジア周遊43)

バンコク・スワンナプーム空港から、旅行者に一番使いやすそうな 551番のバスに乗り、戦勝記念塔(Victory Monument)まで向かう。途中道路の多くで高速を通るのでなかなか速いし、戦勝記念塔周囲はちょっとしたバスターミナルになっている。BTSの駅もあるので、何かと便利だ。


サイアムスクウェアやスクンビットなどとは違い、このあたりはバンコクの下町だ。高層ビルやオシャレな店はあまり多くはないが、庶民的なショッピングモールや雑居ビルはたくさんあり、値段もやや安めだ。そんなビルの1軒で「大同門」を発見した。

daidoumon_tabele.jpg

----------------------------------------------------------------続きを読む

2006年12月20日

バンコク/スワンナープ空港から市内へのバスルート (2006.9-10 父一人旅アジア周遊42)

情報は鮮度が命だ。

この画像を撮影した時期、日本の旅行者の間ではスワンナプーム空港から市内まではどう出るのが良い、という話が盛んだった。

 しかし今は完全に沈静化している。

とは言え、それをまとめた情報もそうそう多くもなさそうだし、何よりせっかく撮影した画像だ。全て没にするのは忍びない。

ということで、

551_victorymonument.jpg

----------------------------------------------------------------続きを読む