2008年01月13日

キルギスで買う割引き航空券


カザフスタンのビザは無事取ることが出来たが、ちょっと心配事が増えた。ビシュケクからカザフスタンのアルマティを経由し陸路でウルムチに戻るルートの日数に余裕がなくなってきたのだ。それというのも旅行日数が短いからであり、カザフスタンのビザ取得に数日かかったためだ。

宿で旅行者にカザフスタンの印象を聞くと、口を揃えたように良くない答えしか返ってこない。

「いや〜、本当につまらない国でしたねぇ」
「物価は高いですけれど、いても面白くありませんよ」
「もう、通過するだけでした」
「お金のある国だし、観光を歓迎していないようです」
「田舎は良いらしいんですけど、宿ないんですよ」

うーむ。

キルギスを出た後は、バスでアルマティに向かい、運が良ければ国際列車、運が悪ければカザフスタンと中国のローカルバスを乗り継いでウルムチに向かうつもりだった。運良く週2便の国際列車に乗ることができれば運賃は$70程と聞いている。アルマティまでのバス代は5〜6ドルといったところか。まぁ交通費だけで$80見ておけば大丈夫だろうと考えていた。

しかし、日程にあまり余裕がない。
何か1回トラブルがあったら、帰国がぎりぎりになってしまう、そんな状態だった。素直に飛行機に乗れば数時間で移動できるのだが、航空券は$220程と聞いている。3倍かぁ…

と悩んでいると、サクラゲストハウスオーナーの疋田さんが、ビシュケク市内の旅行代理店を教えてくれた。名前は"Kyrgyz Consept キルギスコンセプト" 。疋田さんも日本に帰る時の航空券はここで買うとのこと。市内中心部に数軒店を構えている。最近はキルギスの航空券も多少のディスカウントがあるらしい。

kks_concept.jpg

カザフスタンのビザは無事取ることが出来たが、ちょっと心配事が増えた。ビシュケクからカザフスタンのアルマティを経由し陸路でウルムチに戻るルートの日数に余裕がなくなってきたのだ。それというのも旅行日数が短いからであり、カザフスタンのビザ取得に数日かかったためだ。

宿で旅行者にカザフスタンの印象を聞くと、口を揃えたように良くない答えしか返ってこない。

「いや〜、本当につまらない国でしたねぇ」
「物価は高いですけれど、いても面白くありませんよ」
「もう、通過するだけでした」
「お金のある国だし、観光を歓迎していないようです」
「田舎は良いらしいんですけど、宿ないんですよ」

うーむ。

キルギスを出た後は、バスでアルマティに向かい、運が良ければ国際列車、運が悪ければカザフスタンと中国のローカルバスを乗り継いでウルムチに向かうつもりだった。運良く週2便の国際列車に乗ることができれば運賃は$70程と聞いている。アルマティまでのバス代は5〜6ドルといったところか。まぁ交通費だけで$80見ておけば大丈夫だろうと考えていた。

しかし、日程にあまり余裕がない。
何か1回トラブルがあったら、帰国がぎりぎりになってしまう、そんな状態だった。素直に飛行機に乗れば数時間で移動できるのだが、航空券は$220程と聞いている。3倍かぁ…

と悩んでいると、サクラゲストハウスオーナーの疋田さんが、ビシュケク市内の旅行代理店を教えてくれた。名前は"Kyrgyz Concept キルギスコンセプト" 。疋田さんも日本に帰る時の航空券はここで買うとのこと。市内中心部に数軒店を構えている。最近はキルギスの航空券も多少のディスカウントがあるらしい。

kks_concept.jpg


店内には冷房が効いていて、無料の水もある。冷房なんて久しぶりだ。旅行代理店だけあってちゃんとCRSの端末も来ていた。当たり前と言えば当たり前だがちょっと感動する。夏だったせいもあるだろうが、ビシュケクとキルギスの間には、中国南方航空とキルギス航空はタイムテーブル上では毎日どちらかの便があるようだ。

「明日のキルギス航空に空席がありますね」
店員はCRSを叩きながら答える。値段を聞くと税金込みでUS$179。これは前日のキルギス航空の値段なのだそうだ。詳しくは聞かなかったが、中国南方航空だとやや割高だというニュアンスも漂う。ウルムチ側から飛ぶと税込みで1600人民元(約$220)と聞いていたので、それより安い値段がうれしい。バスや列車を乗り継ぐ値段の倍以上だが、社会人には時間をお金で買うことも必要だ。

この時クレジットカードの端末が不調だった。
手書きのサインで発券するには店長の許可が要るが、あいにく店長は夕方まで帰ってこないとのこと。困っていると店員が外に行こうと促す。なんだろうと思ってついて行くと、周辺300m以内に数軒キルギスコンセプトの支店があった。この密度は理解しにくいが、おかげで他の店舗で無事クレジットカードを使うことができた。

kks_conseptweb.jpg

ここには日本語の観光パンフレットもおいてあり、近隣諸国へのフライトや観光から国内の宿の手配までできる。また国内線も多少割引きがあるし、学生ならかなりのディスカウントができるのだそうだ。キルギスに行く人は知っておいても損はないかもしれない。オシュにも支店がある。

Kyrgyz Concept
http://eng.concept.kg/news/

海外旅行のランキングに参加しています。よろしかったらクリックの応援お願いします。banner_02.gif
にほんブログ村 旅行ブログ