2007年11月18日

ザブルゲストハウス・アクロバットなドミ? ビシュケク

 

イシククル湖からさくらゲストハウスに戻ってみると、想像通り満室だった。


現在欧米系の旅行者に一番人気なのは、"Nomads House(Nomas Guest House)"(ノマッズゲストハウス)だ。

カシュガルからずっと一緒に移動することになったイギリス人も、「俺はノマッズに泊まるから一緒に来い。良い宿らしい」と強引に勧めてくれた。私はさくらゲストハウスで日本語のマンガを読みたかったのでお断りしたのだが。


ちなみにこのノマッズガストハウス、さくらでは「幻のNomads」と呼ぶ人もいた。その時泊まっていた人たちには、Nomadsを発見出来た人がいなかったというのだ。

実はこれには訳がある。
日本人に人気の「旅行人ガイド」の地図では、ノマッズゲストハウスの位置が間違って書かれているのだ。

nomads_wrong_map.jpg



ガイドブックを持っていかなかった私も、当然のようにNomadsを発見できず、口コミで行き方が分かったのが南旅館とザブルゲストハウスの2軒だけだった。南旅館は長期旅行者でいつも混んでいるとも聞いたので、ビシュケクでは老舗のザブルゲストハウスに泊まってみた。

実はこのザブルゲストハウス、最近はあまり評判が良くない。
オーナーのザブル氏が宿代を値切ろうとした日本人をこき下ろしたとか、盗難にあったとか、最近あまり良い噂がないのだ。とはいえ老舗のゲストハウスではあるし、もともとキルギスの有名な詩人だか文学者だかのお屋敷だったらしく、旧ソ連のお屋敷に興味のあった私は2泊だけしてみることにした。宿はドイツ大使館の目の前にある。


zaburu_view.jpg

おお!お屋敷ではないか!

----------------------------------------------------------------


 

イシククル湖からさくらゲストハウスに戻ってみると、想像通り満室だった。


現在欧米系の旅行者に一番人気なのは、"Nomads House(Nomas Guest House)"(ノマッズゲストハウス)だ。

カシュガルからずっと一緒に移動することになったイギリス人も、「俺はノマッズに泊まるから一緒に来い。良い宿らしい」と強引に勧めてくれた。私はさくらゲストハウスで日本語のマンガを読みたかったのでお断りしたのだが。


ちなみにこのノマッズガストハウス、さくらでは「幻のNomads」と呼ぶ人もいた。その時泊まっていた人たちには、Nomadsを発見出来た人がいなかったというのだ。

実はこれには訳がある。
日本人に人気の「旅行人ガイド」の地図では、ノマッズゲストハウスの位置が間違って書かれているのだ。

nomads_wrong_map.jpg


ガイドブックを持っていかなかった私も、当然のようにNomadsを発見できず、口コミで行き方が分かったのが南旅館とザブルゲストハウスの2軒だけだった。南旅館は長期旅行者でいつも混んでいるとも聞いたので、ビシュケクでは老舗のザブルゲストハウスに泊まってみた。

実はこのザブルゲストハウス、最近はあまり評判が良くない。
オーナーのザブル氏が宿代を値切ろうとした日本人をこき下ろしたとか、盗難にあったとか、最近あまり良い噂がないのだ。とはいえ老舗のゲストハウスではあるし、もともとキルギスの有名な詩人だか文学者だかのお屋敷だったらしく、旧ソ連のお屋敷に興味のあった私は2泊だけしてみることにした。宿はドイツ大使館の目の前にある。


zaburu_view.jpg

zaburu_living.jpg


おお!お屋敷ではないか!



さくらで見せてもらったガイドブックには、ザブルゲストハウスには「アクロバットなドミ」があるとあった。さっそく見せてもらう。

zaburu_domi_lower.jpg

入った感じは普通なのだが、梯子の上が面白い。

zaburu_domi1.jpg

zaburu_domi_upper.jpg


うーん、収容効率を最優先した作りだ。これで200comはなぁ。同じ値段のさくらゲストハウスを思うと、少々高い。


プライベートドミ、なるものもあった。

zaburu_private_domi.jpg

ドミトリーの一部をカーテンで仕切り、明かりがある。悪くはないが、これで300comはちょっとなぁと感じないでもない。


ザブルゲストハウスで一番良い部屋は、かなり広いツインだ。ここは1000com以上する。家族連れなどには良いのかもしれない。

zaburu_twin.jpg



シングルは400comと500com。値段より内容の差が大きな気がする。しかし良くここまで細かな料金設定をしているものだ。商売気がひしひしとと伝わってくる。

zaburu_single_cheep.jpg

zaburu_single.jpg


結局ここでは500comのシングルに泊まることにした。

ザブルゲストハウスでは繁忙期には中庭にゲルを建て、そこにもゲストを泊める。ちょうとゲルを設置してベッドを置いたばかりだというので、ちょっと見せてもらった。ここもドミ同様200comだ。

zaburu_tent.jpg


ちなみにザブルでは食事も提供する。
夕食と朝食で4ドルだか5ドルだかと、決して安くはないのでパスをした。食べた人の話によると、パスタにサラダ程度らしい。食事はリビングではなくキッチンで食べる。

zaburu_kitchen.jpg


バスルームとトイレが別になっているのは良い。
しかし多少老朽化しているし、お湯も出なかった。冬は出るらしいのだが…

zaburu_bath.jpg

zaburu_wc.jpg


オーナーのザブル氏と少し話をした。
主に雑談なのだが、その中で彼はこう言っていた。

「最近、日本人の間で、このゲストハウスについてあまり良くない話があるのだけれど…」

「これからは日本人を泊めないようにしようと思っている」と発言したことについて言っているらしい。

「人間、たまには感情的になりますよ」と応えたところ彼は笑っていたが、そう言わざるを得ないほど日本人客は減っているのだろう。


しかし、客の減少は対応の善し悪しによるものだけではないように感じる。さくらゲストハウスやノマッズに行けば、200comでもっと快適なベッド眠ることができるしスタッフの対応も良い。宿泊料金を節約したい日本人は南旅館に行く。

ザブルゲストハウスは、残念ながら価格と内容がやや見合わないのだ。それでもゲストを呼ぶためにはホスピタリティしか手段はないのだが、残念ながらそこでもあまり良い評判はない。


ちょっと時代に取り残されているゲストハウス。
ザブルゲストハウスには、そんな印象が残った。



海外旅行情報いっぱいのランキングに参加しています。よろしかったらクリックの応援お願いします。banner_02.gif
にほんブログ村 旅行ブログ