2007年09月24日

連続盗難手配写真 中国・中央アジアでドミでの盗難が起きています

 
この件に関して、更に詳しい情報が入りました。
ビシュケシュの事件に関しては、私は加害者も被害者も顔見知りです。しかも双方と数日間グループで一緒に行動しました。

100%の確度とまでは言えませんが、状況証拠的には真っ黒なので、ここでアジア・中国を旅行する方がこれ以上被害に遭わないように引用させていただきます。

尚、彼らは現在中国・ラサにいるという情報があります。


*追記
現在ジュリアンは中国・蘭州のドミにいるという情報があります。ご旅行中の方はご注意下さい。



---(引用)

tehai.jpg

写真の2人は2007年7月〜9月にかけて、クルグズスタンから中国敦煌にかけての外国人客の多い宿のドミトリーで立て続けに発生した盗難事件(下記参照)の容疑者と目されています。被害者は日本人や韓国人の旅行者で、いずれも同国人ばかりの部屋で気が緩み、荷物の管理が疎かになっている所をうまく狙われた節あり。

 手口としては、まずクリスティーン(女性の方)が先にその宿に泊まり、これをジュリアン(男性の方)がその友人という形で訪問、短時間の間に外出/就寝中の他の宿泊者の荷物から貴重品をピンポイントで抜き取る、というパターンが多いようです。

パスポート番号など実行犯の足跡が現場に残らない上に、こうした事件だと被害者は普通、他の同宿者や宿の従業員を疑いますから、うまくいけばその存在すら意識されない訳です。万が一疑われた場合は、残ったクリスティーンが「彼は既に別の国に向かったらしい」など偽の情報を流して逃亡を助けます。で、また別の場所で合流し、同じことを繰り返す、と。実に巧妙なやり口です。
 
彼らはこれまでの成功に味を占めて、チベットや雲南、ネパール、東南アジアなど他地域での日本人宿でも同様の犯行を繰り返す恐れがあります。十分に注意してください。 
 
(写真左)ジュリアン   
本名:不明(自称の姓はDAI,BING等)
通名:ジュリアン
年齢:21〜27歳?(正確には不明)
国籍:正確には不明。自称は「華僑系スウェーデン人」だが、香港/シンガポール/中国本省人との話も。
身長:165-170cm
体格:中肉中背
髪の色:黒
瞳の色:黒
特徴:露、英、漢(普通話)、瑞語など複数の言語に堪能。ジョークをよく言う・いたずら好き。気前が良く、実家が金持ちであることを過剰に強調。
性格:社交的・頭の回転が早い
癖:物の食べ方が下品、話す際に『チュッ』,『チェッ』などの舌打ちみたいなものが入る

(写真右)クリスティーン 本名:Kim Eun-jung(金某)
通名:クリスティーン
年齢:26歳
国籍:大韓民国
身長:160未満
体格:普通
髪の色:黒
瞳の色:黒
特徴:英語が堪能。全体に欧米志向が強く、韓国語の本名で呼ばれるのをとても嫌う。自国の事も悪く言う。酒は飲めないと言うが、実は沢山飲める。
性格:普通。頭の回転も普通で、嘘をついてもボロが出やすい。某宿所蔵のロンリープラネットを盗んで平気で自慢するような、低いモラルの持ち主。
癖:物の食べ方が下品。欧米人風のジェスチャーを多用。

----------------------------------------------------------------

 
この件に関して、更に詳しい情報が入りました。
ビシュケシュの事件に関しては、私は加害者も被害者も顔見知りです。しかも双方と数日間グループで一緒に行動しました。

100%の確度とまでは言えませんが、状況証拠的には真っ黒なので、ここでアジア・中国を旅行する方がこれ以上被害に遭わないように引用させていただきます。

尚、彼らは現在中国・ラサにいるという情報があります。


*追記
現在ジュリアンは中国・蘭州のドミにいるという情報があります。ご旅行中の方はご注意下さい。



---(引用)

tehai.jpg

写真の2人は2007年7月〜9月にかけて、クルグズスタンから中国敦煌にかけての外国人客の多い宿のドミトリーで立て続けに発生した盗難事件(下記参照)の容疑者と目されています。被害者は日本人や韓国人の旅行者で、いずれも同国人ばかりの部屋で気が緩み、荷物の管理が疎かになっている所をうまく狙われた節あり。

 手口としては、まずクリスティーン(女性の方)が先にその宿に泊まり、これをジュリアン(男性の方)がその友人という形で訪問、短時間の間に外出/就寝中の他の宿泊者の荷物から貴重品をピンポイントで抜き取る、というパターンが多いようです。

パスポート番号など実行犯の足跡が現場に残らない上に、こうした事件だと被害者は普通、他の同宿者や宿の従業員を疑いますから、うまくいけばその存在すら意識されない訳です。万が一疑われた場合は、残ったクリスティーンが「彼は既に別の国に向かったらしい」など偽の情報を流して逃亡を助けます。で、また別の場所で合流し、同じことを繰り返す、と。実に巧妙なやり口です。
 
彼らはこれまでの成功に味を占めて、チベットや雲南、ネパール、東南アジアなど他地域での日本人宿でも同様の犯行を繰り返す恐れがあります。十分に注意してください。 
 
(写真左)ジュリアン   
本名:不明(自称の姓はDAI,BING等)
通名:ジュリアン
年齢:21〜27歳?(正確には不明)
国籍:正確には不明。自称は「華僑系スウェーデン人」だが、香港/シンガポール/中国本省人との話も。
身長:165-170cm
体格:中肉中背
髪の色:黒
瞳の色:黒
特徴:露、英、漢(普通話)、瑞語など複数の言語に堪能。ジョークをよく言う・いたずら好き。気前が良く、実家が金持ちであることを過剰に強調。
性格:社交的・頭の回転が早い
癖:物の食べ方が下品、話す際に『チュッ』,『チェッ』などの舌打ちみたいなものが入る

(写真右)クリスティーン
本名:Kim Eun-jung(金某)
通名:クリスティーン
年齢:26歳
国籍:大韓民国
身長:160未満
体格:普通
髪の色:黒
瞳の色:黒
特徴:英語が堪能。全体に欧米志向が強く、韓国語の本名で呼ばれるのをとても嫌う。自国の事も悪く言う。酒は飲めないと言うが、実は沢山飲める。
性格:普通。頭の回転も普通で、嘘をついてもボロが出やすい。某宿所蔵のロンリープラネットを盗んで平気で自慢するような、低いモラルの持ち主。
癖:物の食べ方が下品。欧米人風のジェスチャーを多用。

 これまでに関与が疑われている事件一覧
◇2007/7月中旬 サブルベクG.H. 被害総額700USD 
(クルグズスタン ビシュケク)

◇2007/7/18 南旅館 被害総額6000USD 
(クルグズスタン ビシュケク)
 
◇2007/7/30 Nomads'home G.H. 未遂 
客室内で上記ジュリアンと現地人の仲間が怪しい行動を取っている所を関係者に咎められ、逃げるように去る。
(クルグズスタン ビシュケク)

◇2007/8/29頃 飛天賓館 未遂 ポーチを空けられる 
(中国 敦煌)    

◇2007/9/2 飛天賓館 被害総額1400元
(中国 敦煌)         

◇2007/9/2 飛天賓館 被害物品 i-POD 60G-時価6万円 
(中国 敦煌) 

以上は確認されている事件のみです。他にも諸々の余罪がある可能性あり。

---

一連の事件を時系列で並べてみようと思います。なお、この分だとウルムチのユースでも何かやらかしているかもしれませんが、これについては情報がありません。被害に遭ったという方がいれば追記を御願いします。

・2007/7月中旬 サクラG.H.(クルグズスタン・ビシュケク)
未遂?被害無し    
1度目はクリスティーンと別の韓国人女性Aの2人、2度目はジュリアン、クリスティーン、現地のロシア系男性ジェーニャ、件の韓国人女性の4人でやってきたが、いずれも空きベッドが無かったためチェックインできず。韓国人女性Aはクリスティーンが現地で知り合った人らしい。

・2007/7月中旬 サブルベクG.H.(クルグズスタン・ビシュケク)
被害総額700USD    
 上述の韓国人女性Aが、外出中に現金700US$を荷物から抜き取られる事件発生。当日はクリスティーンとロシア系男性ジェーニャも同じドミに泊まっていた。ジュリアンは一般家庭に下宿していたが、その友人として宿に出入りしていた。この後、韓国人女性Aはビシュケクを去り、クリスティーンは南旅館に移動。

・2007/7/18 南旅館(クルグズスタン・ビシュケク)
被害総額6000USD 
 滞在中の日本人旅行者が、外出中に現金とTCで6000USDとカードの入った貴重品袋を盗まれる事件が発生。警察沙汰になる。この日の午後、宿にはクリスティーンとそれを訪ねて来たジュリアン、部屋でずっと寝ていた同宿者がいた。クリスティーンはジュリアンについて、「彼は私とずっと一緒にいたので犯行は不可能」とアリバイを主張。これにより、彼は警察の捜査対象からはずされる。

・2007/7/30 Nomads'home G.H. (クルグズスタン・ビシュケク) 未遂 被害無し
客室内にジュリアンとロシア系男性(恐らく上述のジェーニャ)が入り、不審な行動を取っているのを関係者に注意される。ジュリアンはロシア語が分からないフリをし、来訪の目的については「ウルムチから来た、知人の日本人旅行者M氏に会いに来た」と答え、逃げるように去る。そのM氏は当時同じビシュケク市内のサクラG.H.に滞在していたが、ジュリアンのような人物とは一切面識がないことが判明。

・2007/8/2
Nomads'home G.H.の事件以後、関係者の間でジュリアンに対する疑惑が急速に深まった。これに対し、当人はこの日の午後南旅館にて「身の潔白を証明するため」管理人と南旅館滞留中のクリスティーン、担当の警察関係者らと会うことに同意したが、結局現れず。彼の下宿先に問い合わせたところ、その日の早朝にいきなり「これからシンガポールに向かう」と言いだすや、姿を消していたらしい。下宿先の家族には出身は「香港」、名前は「ビン」と名乗っていたとのこと。クリスティーンはずっと彼に片思いだった(本人の弁)ため、突然の失踪にパニック状態に陥っていたが、案外これも芝居だったのかもしれない。

・2007/8月上旬
クリスティーンから南旅館の主人に、ジュリアンからメールがあったと連絡あり。8/3の日付で、「今シンガポールに居る。これからヴィザを申請してロシアに向かう。日本人たちとはこれ以上関らない方がいい。」と書かれていたという。

・2007/8/16
クリスティーンが飛行機にてビシュケクからウルムチへ移動。それ以降、南旅館の管理人が彼女にメールを送っても返答無し。

・2007/8月末〜9/3
クリスティーンはどこかでジュリアンと合流し、敦煌の飛天賓館のドミに滞在していた。

・2007/8/29頃 飛天賓館(中国・敦煌) 未遂 被害無し
両者が泊まっていたドミで、同宿の日本人旅行者が部屋に置いていたポーチが何者かに開けられていた。ただし、盗られたものは無し。         

2007/9/2 飛天賓館(中国・敦煌) 被害総額1400元とi-POD 60G(時価6万円)                     
同じく両者が泊まっていたドミで、宿泊中の日本人女性が外出中に現金1400元等を、日本人男性がi-POD 60Gをそれぞれ盗まれる事件が発生。被害者らは公安を呼んだ。ただ、彼らは犯人は宿側の誰かだと決めてかかっていたため、事情聴取は専ら情行員に対して行われ、室内の宿泊客は荷物はおろか、パスポートすらチェックされなかった。

・9/3
ジュリアンとクリスティーンは被害者らに「これからウルムチに行く」と言って飛天賓館をチェックアウト。でも実は同じ町の「技術団賓館」に移っただけで、9/16まで滞在していた模様。その同じ日(9/3)、久しぶりにビシュケクの南旅館の管理人のもとへクリスティーンからのメールがあり、「私は今チベットにいるが、あれ以来ジュリアンからの連絡は無い。彼のことはもう諦めた方がいいだろう」と書いてあった。

・9/16〜17
クリスティーンがゴルムド経由でラサへ移動。その時同じ列車に乗っていた日本人旅行者に、「中央アジアの方からウルムチに来て2ヶ月ほど滞在していた」と語る。

・9/18〜
クリスティーンは未だラサ市内に滞在しているらしい。ジュリアンもチベット近辺に居る可能性高し。


---

主な登場人物
・ジュリアン
 国籍・年齢不詳の快盗。度胸があり抜群に頭が切れる。英・露・漢などの数ヶ国語を操り、女にももてるという話で、てっきりゴルゴのような風貌を想像していたのだが、写真を見たら典型的な漢民族風でがっかりした。

国籍や名前、職業、親族関係はその場によって使い分けているが、外国に住む華僑である可能性が高いこと、過去にウルムチ市郊外の昌吉の学校で英語教師をしていたことなどが分かっている。クルグズスタンには2006年にも来たことがあるらしい。

・クリスティーン
 20代半ばの韓国人女性。最近まで中国南部のヤンシャオで英語の教師をやっていたらしい。今年の6月にウルムチのユースでジュリアンと知り合ってからというもの、ずっと彼に片思いの状態で追っかけ続けているというのが本人の弁だが、これまで嘘ばかりついていることを考えると、こういうのも実は単なる「設定」なのかもしれない。

積極的にジュリアンの犯行に協力しているか、単に見て見ぬふりをしているかは不明だが、いずれにせよ共犯者には違いない。

・ジェーニャ(通称ザーイツ←ロシア語で<兎>の意)
 ジュリアンの相棒としていくつかの事件に関っていると目されるミステリアスな男性。年齢20歳ほどで、民族的にはロシア系。「ジェーニャ」とはロシアの男性名「エヴゲ―ニィ」の愛称で、至って平凡な名前である。姓は不明。

各事件の現場では常に喋れないフリをしていたため、国籍は不明とされている。ただし、その後の調査で外国人ではなく、ビシュケクの地元民であることが判明。現在は行方がよくわからない。
 
・南旅館の(元)管理人(通称J.H.=ジュリアン・ハンター)
 温厚にして篤実。元々はロシア語の勉強のため南旅館に長期で滞在していたのだが、旅館の主人であるクルグズ人ヌル男(29)が目先の大金に目が眩んでアフガニスタンの米軍基地に出稼ぎに行ってしまったため、なし崩し的に宿の管理を任されてしまった。そんな中で2007年7/18の盗難事件に遭遇。自身も警察の取調べを受けた上、その後の後始末全般を任される羽目になる。冷静に考えれば、結構気の毒な人だ。

ジュリアン&クリスティーンの連係プレイに翻弄される内に体内に眠っていた「ハンター」としての血が目覚めてしまったようで、現在は中国領内にて全身全霊をかけて「奴ら」を追う日々が続いている。「捕まえて最終的にどうするつもりか?」と尋ねた所、彼らに「盗みは、もう、やめろ」と説教するのだと言われた。御苦労なことだ。

--- (引用終わり)


以下は私がクリスティーヌたちと一緒に移動していたときの写真です。

kurisu.jpg

kurisu2.jpg

kurisu3.jpg


クリスティーヌはジュリアンに利用されているという説もあります。

彼らの行動範囲からして、東南アジアから中国、南アジア、中央アジアまで被害が発生する可能性もあります。この地域をご旅行なさるかたは、ぜひご注意下さい。

尚本文は、mixiの"山村工作隊"さんの情報を引用させていただいています。山村工作隊さんはまだビシュケシュにおられるようです。



海外旅行情報いっぱいのランキングに参加しています。よろしかったらクリックの応援お願いします。banner_02.gif
にほんブログ村 旅行ブログ