2007年08月03日

緑豊かな森の街、ビシュケク。でも豊かすぎっ!!


緑豊かな街という言い方がある。良く我が家の郵便受けに入っている不動産広告では、ちょっと都心を離れた物件はみんな緑豊かな街を売り物にしている。確かにコンクリートやアスファルト剥き出しより、木々が豊かな方が快適ではある。

ビシュケクは緑豊かな街だ。
必要以上に緑豊かと言っても良い。

夏は日差しが非常識に強く、また冬は風が冷たいのだろう。ほとんどの道路には街路樹が2重、3重に植えられている。これが夏の暴虐的な日光を浴び大変良く育っている。

例えばここはビシュケクのメインストリートのひとつである、ソビエツカヤ通り、サクラにちかいゴーインデパート前の交差点だ。さすがに交差点の中にはないが、道路の両側に街路樹がたくさん植えられていることが分かる。

bsk_grnroad.jpg


ここで気になるのが、ビシュケク市民なら誰でも知ってるゴーインデパートより街路樹の方が背が高いことだ。

街路樹の裏にある建物がそこそこ立派なら、遠くからでも建物は分かるしロケーションを失うことも少ない。しかしビシュケクでは建物が貧相な割に街路樹だけは元気なので、道路の景観に変化が少ない。私は比較的方向感覚が良い方なのだが、ビシュケクではあまりに似たような表情の道路が多いため、多少苦しむこともあった。

----------------------------------------------------------------
 
緑豊かな街という言い方がある。良く我が家の郵便受けに入っている不動産広告では、ちょっと都心を離れた物件はみんな緑豊かな街を売り物にしている。確かにコンクリートやアスファルト剥き出しより、木々が豊かな方が快適ではある。

ビシュケクは緑豊かな街だ。
必要以上に緑豊かと言っても良い。

夏は日差しが非常識に強く、また冬は風が冷たいのだろう。ほとんどの道路には街路樹が2重、3重に植えられている。これが夏の暴虐的な日光を浴び大変良く育っている。


例えばここはビシュケクのメインストリートのひとつである、ソビエツカヤ通り、サクラにちかいゴーインデパート前の交差点だ。さすがに交差点の中にはないが、道路の両側に街路樹がたくさん植えられていることが分かる。

bsk_grnroad.jpg


ここで気になるのが、ビシュケク市民なら誰でも知ってるゴーインデパートより街路樹の方が背が高いことだ。

街路樹の裏にある建物がそこそこ立派なら、遠くからでも建物は分かるしロケーションを失うことも少ない。しかしビシュケクでは建物が貧相な割に街路樹だけは元気なので、道路の景観に変化が少ない。私は比較的方向感覚が良い方なのだが、ビシュケクではあまりに似たような表情の道路が多いため、多少苦しむこともあった。


この執拗な街路樹は都市部の特徴だ。
都心を離れると木は少なくなる。が、「植えられるところには植えておこう」という発想が基本のようで、市内やちょっと郊外までは街路樹天国だ。

bsk_grn_road.jpg

bsk_green_bigroad.jpg


街路樹に挟まれた歩道は、確かに直射日光を避けられ快適ではある。しかしすぐ道に迷う。

bsk_green.jpg



あまりに緑豊かでうんざりしたので、公園の観覧車で市内を眺めて見ることにした。公園からの光景なので多少は割り引いて見ていただく必要はあるが、それでも、やたら緑豊かなビシュケクの様子を感じ取っていただけると思う。

bsk_kanran1.jpg

bsk_kanran2.jpg

bsk_kanran3.jpg

bsk_kanran4.jpg

bsk_kanran5.jpg


森の中の街、といってもさほど言い過ぎではないように思う。

もちろん街路樹の多い道ばかりではない。場所によってはまるでないエリアもある。しかしこの街の規模から考えれば、やはり森の街もトンチンカンな言い方ではないはずだ。


旅行者には建物を隠しロケーションを失わせがちな街路樹だが、市民にとっては太陽光や冷たい風から守ってくれるありがたい存在なのだろう。

と思ったら、あるビシュケクの人がこう言ってた。
「この木のおかげで蚊が酷くてね。何年か前は蚊の大量発生で偉い目にあったよ」

うーむ、いいことばかりでもないのだなぁ…

海外旅行情報いっぱいのランキングに参加しています。よろしかったらクリックの応援お願いします。 banner_02.gif
にほんブログ村 旅行ブログ