2007年07月31日

ビシュケク・サクラゲストハウス

 
キルギスの首都ビシュケクで節約型日本人旅行者に人気の宿は、南旅館、ザブルゲストハウス、そしてサクラゲストハウスだ。この中で日本人がオーナーで一番新しいのがサクラゲストハウスになる。

この宿はキルギス人の奥さんと結婚なさった疋田さんという方が開いた。奥さんも日本での生活が長く日本語も堪能だし、何より日本人の感覚でも清潔感が漂うため人気の宿だ。特にあてのない私は、まずこのサクラゲストハウスを目指すことにした。

マルシュルトゥカ(ミニバス)のドライバーに「ゴーイン?」と尋ね、頷くか「ダー」の返事があればそのバスは中華系のゴーインデパート前に止まる。ロシア語やキルギス語がだめな私でも、この「ゴーイン?」方式で毎回宿に戻ることができた。

いろいろなマルシュルトゥカがこの道を走っているが、西バスターミナルからだと114番がゴーイン前に止まる。

bsk_sakura_map.JPG

----------------------------------------------------------------
 
キルギスの首都ビシュケクで節約型日本人旅行者に人気の宿は、南旅館、ザブルゲストハウス、そしてサクラゲストハウスだ。この中で日本人がオーナーで一番新しいのがサクラゲストハウスになる。

この宿はキルギス人の奥さんと結婚なさった疋田さんという方が開いた。奥さんも日本での生活が長く日本語も堪能だし、何より日本人の感覚でも清潔感が漂うため人気の宿だ。特にあてのない私は、まずこのサクラゲストハウスを目指すことにした。

マルシュルトゥカ(ミニバス)のドライバーに「ゴーイン?」と尋ね、頷くか「ダー」の返事があればそのバスは中華系のゴーインデパート前に止まる。ロシア語やキルギス語がだめな私でも、この「ゴーイン?」方式で毎回宿に戻ることができた。

いろいろなマルシュルトゥカがこの道を走っているが、西バスターミナルからだと114番がゴーイン前に止まる。

bsk_sakura_map.JPG


ゴーインデパート前の十字路をトロリーバスも走るソビエツカヤ通りを北上する。このゴーインデパートと交差点の風景は覚えておいて損はない。

bsk_sakura_way1.jpg

bsk_sakura_way2.jpg

bsk_sakura_way3.jpg


この交差点ゴーインの入り口を見ながらを北上すると、大きな木に「サクラゲストハウス」の看板がある。少し先は24時間営業の雑貨屋だ。

bsk_sakura_way4.jpg

bsk_sakura_way5.jpg


この看板を右折すると地味な横道に入る。この辺は深夜には歩かない方が良いらしい。

bsk_sakura_way6.jpg


200メートルほど歩くとちょっと突き当たる感じのT字路になるが、その少し手前の細い路地を右に入る。路地のむこう20m位の場所に見える赤い屋根の建物がサクラゲストハウスだ。

bsk_sakura_way7.jpg

bsk_sakura_way8.jpg

bsk_sakura_way_9.jpg



サクラゲストハウスは人気の宿だ。
ドミトリーが2室、ベッドは10数台あるにも関わらず、夏の間は満室の事も多い。単によくある「日本人宿」として人気なのではないいことは、日本人以外の旅行者も多く長期滞在していることから分かる。部屋が清潔なだけれなく、共用のキッチンやテーブル、プールやサウナまであるのだから、当然かもしれない。

bsk_sakura_beds.jpg

bsk_sakura_kitchen.jpg

bsk_sakura_table.jpg


ビシュケクは夜酔っぱらいが騒ぎや犯罪を起こすことも少なくない。しかしサクラゲストハウスは夜施錠されるし、モニタ付きのインターフォンもありセキュリティ万全だ。塀の中に駐車スペースもあるため、自転車旅行者の人気も高い。

bsk_sakura_carport.jpg

bsk_sakura_in.jpg


この至れり尽くせりのサクラゲストハウスは、ドミトリーのみ、1泊200comだ。満室でとぼとぼ他の宿を探しに行く人も多く見たので、オンシーズンに泊まりたい人は早めに宿に着いた方が良い。


海外旅行情報いっぱいのランキングに参加しています。よろしかったらクリックの応援お願いします。 banner_02.gif
にほんブログ村 旅行ブログ