2007年07月18日

カシュガル - プレート天国・住居エリア編 -


旧市街の裏側は住居エリアになっている。

ちょっと迷路のようになってはいるが、人を拒絶するような空気はない。するっと入り込めてしまう。怖い自称観光ガイドも出てこないし、よそ者を睨む視線もない。曲がる道を間違えて細い道に入ったらここでした、で済んでしまう空気なのだ。

とふらふら住宅街に入ってみる。

小さな子どもを遊ばせているご夫婦がいたので、写真を撮っていいかと尋ねると、「この子を一人で撮ってくれ」とまだしっかり立てない子どもを壁に寄りかからせる。写真を送る約束をしたわけでもなく、モニタで再生して見せるだけのお礼なのだが嫌な顔をしない。これがいかにもカシュガルっぽくて良い。

大変平安そうに見える家庭だ。
中国政府も公認なのか、門には「平安家庭」のプレートがあった。全く持って大きなお世話だと思う。

kashi_live_heian.jpg

----------------------------------------------------------------


旧市街の裏側は住居エリアになっている。

ちょっと迷路のようになってはいるが、人を拒絶するような空気はない。するっと入り込めてしまう。怖い自称観光ガイドも出てこないし、よそ者を睨む視線もない。曲がる道を間違えて細い道に入ったらここでした、で済んでしまう空気なのだ。

kashi_live1.jpg


とふらふら住宅街に入ってみる。

kashi_live3.jpg

kashi_live.jpg

kashi_live2.jpg

kashi_live4.jpg

kashi_live5.jpg


小さな子どもを遊ばせているご夫婦がいたので、写真を撮っていいかと尋ねると、「この子を一人で撮ってくれ」とまだしっかり立てない子どもを壁に寄りかからせる。写真を送る約束をしたわけでもなく、モニタで再生して見せるだけのお礼なのだが嫌な顔をしない。これがいかにもカシュガルっぽくて良い。

kashi_live_kid.jpg


大変平安そうに見える家庭だ。
中国政府も公認なのか、門には「平安家庭」のプレートがあった。誰の仕業か知らないが全く持って大きなお世話だと思う。

kashi_live_heian.jpg


これはどうも「平安家庭推進会」なるものが中国に存在し、そこが大きなお世話をしているらしい。正直、うっとうしいったらありゃしない、と思わないでもない。

kashi_heiankatei_web.jpg



しかしこの鬱陶しいプレートはまだまだある。

文明家庭」。電気製品を買えば良いのか?

kashi_live_bunmei.jpg


文明家庭であり平安家庭であるご立派な家はこうなる。

kashi_live_double.jpg


まだまだある。


文明戸
「文明家庭」との違いが大変に気になる。
kashi_live_bunmeiko.jpg


五好家庭
五好家庭标准、1:爱国守法,热心公益好、2:学习进取,爱岗敬业好、3:男女平等,尊老爱幼好、4:移风易俗,少生优育好、5:勤俭持家,保护环境好、なのだそうだ。

kashi_live_5hao.jpg


衛生清潔戸
さぞお掃除が好きなご家庭なのだと思う。

kashi_live_eisei.jpg


光○戸
文字が読めないし日本語フォントにもない。なんのことかさっぱり分からないのだが、ともかく立派なのだろう。

kashi_live_hikari.jpg


○○○
プレートがあるので何かが偉いのだろうが、判読不能だ。

kashi_live_humei.jpg



これらのプレートはカシュガルに限ったことではなく、中国の全土に見られる。しかしこの雰囲気の良いカシュガルの街には大変不似合いだ。だいたいスローガンばかり掲げてる国は正直鬱陶しい。せっかくのウイグル気分を壊されてしまうので、もう笑って楽しむしかないのだ。


こういうのは、喜んで貼ると言うより「お上にも言われたしまぁしょうがねーか」的に貼っている気もする。しかし張り出すとついつい集めたくなる家もあるらしい。コレクターの気分なのかもしれないな。

kashi_live_all.jpg


海外旅行情報いっぱいのランキングに参加しています。よろしかったらクリックの応援お願いします。 banner_02.gif
にほんブログ村 旅行ブログ