2007年07月15日

カシュガルの安い宿、チニバグホテル(其尼瓦克賓館、QINIBAGH HOTEL)

 
カシュガルの空港に着いたときには深夜12時を過ぎていた。
まだ2路の路線バスが走っているかどうか心配しながら空港を出たところ、到着ロビーの前に空港バスがいる。

「一人市内のどこでも10元」らしい。

空港到着ロビーの案内所に戻り訊ねても、「路線バスはもうないから乗り合い空港バスに乗れ。一人5元だ」と言う。あの、10元って書いてるんですけど?3人いればタクシーの方がいいなぁ…。

まぁホテル名を言ってそこまで運んでくれるのは深夜にはありがたい。日中は5元なのかと思わせる5元x2=10元のチケットを握りしめバスに乗り込む。

カシュガルで安くてそこそこ快適な宿と言えば、色満賓館(シーマンホテル/SEMAN HOTEL)かチニバグホテル(其尼瓦克賓館、QINIBAGH HOTEL)しか知らない。発音を一生懸命覚えてたチニバグホテルの名前を運転手に告げと10分程で宿の入り口に送ってくれた。

chinibagu_room.jpg

----------------------------------------------------------------

 
カシュガルの空港に着いたときには深夜12時を過ぎていた。
まだ2路の路線バスが走っているかどうか心配しながら空港を出たところ、到着ロビーの前に空港バスがいる。

kashi_airportbus.jpg

「一人市内のどこでも10元」らしい。

空港到着ロビーの案内所に戻り訊ねても、「路線バスはもうないから乗り合い空港バスに乗れ。一人5元だ」と言う。あの、10元って書いてるんですけど?3人いればタクシーの方がいいなぁ…。

まぁホテル名を言ってそこまで運んでくれるのは深夜にはありがたい。日中は5元なのかと思わせる5元x2=10元のチケットを握りしめバスに乗り込む。

カシュガルで安くてそこそこ快適な宿と言えば、色満賓館(シーマンホテル/SEMAN HOTEL)かチニバグホテル(其尼瓦克賓館、QINIBAGH HOTEL)しか知らない。発音を一生懸命覚えてたチニバグホテルの名前を運転手に告げと10分程で宿の入り口に送ってくれた。



チニバグホテルは決して安宿ではない。三つ星だ。
敷地内に複数の建物を持ち、空港のバッゲージクラムにも大きな広告を出しているほどだ。特にここの友誼館は外国人や高所得者をターゲットに決して友好的ではない価格で部屋を提供している。レセプションはこの友誼館の1階だ。

chinibagu_allview.jpg

chinibagu_dayview.jpg

chinibagu_friend.jpg


ただここでは静館というちょっと古めの建物を、ドミトリー、あるいはベッドをシェアする形で安く提供している。

chinibagu_old.jpg

chinigagu_old2.jpg

chinibagu_old5.jpg

chinibagu_old3.jpg

chinibagu_old4.jpg




チェックインした時「ドミトリーはある?」と聞いたところ、ただ「ない」と言われたが本当はある。もしかしたら「満室=ない」と言いたいのかもしれない。ともあれドミはもうもらえないようで、ツインをシェアする部屋にベッドをひとつもらう。1泊35元。

エアコン、テレビ付き、石けんやシャンプー等のアメニティとタオルは毎日交換でこの価格はまずまずだ。

chinibagu_room.jpg



もう一つの有名宿、色満賓館にも行ってみたが、ここは多少バザールや旧市街へのアクセスが悪い。また国際バスターミナルへも遠くなる。

seiman_view.jpg

ここにもドミやシェアの部屋があり、泊まっていた人の話によると「20元の部屋は汚い、30元の部屋はまぁまぁだが当たり外れが多い、500号室は最高で快適だが運が悪いとエアコンが効かない部屋やない部屋もある」とのこと。ただ「人民西路南側にある安食堂街へのアクセスは良い。快餐5元が事実上お代わりし放題だ。胃袋男の私は、多少惹かれないでもなかった。


チニバグホテル(其尼瓦克賓館、QINIBAGH HOTEL)
0998-2833235 色満路144号

色満賓館(シーマンホテル/SEMAN HOTEL)
0998-2552129 色満路377号



海外旅行情報いっぱいのランキングに参加しています。 banner_02.gif
にほんブログ村 旅行ブログ