2007年06月25日

中国国内線の格安航空券を日本で買う方法


ご多分に漏れず、中国でもe-Ticket流行だ。航空会社にしてみれば、e-Ticketは人件費の節約にもなるし魅力は大きい。最近の中国では航空会社のカウンターでもディスカウント航空券が買えるが、e-Ticketのおかげで日本国内でも買えるようになってきた。予約サイトは今まで基本的に中国語か英語のものしかなかったのだが、最近日本語に対応した会社が現れた。「ビズエクスプレス」だ。

ここでは国内線のみならず国際線を含む中国発の格安航空券、今まで現地交渉が必要だった中国国内のディスカウントホテル(50%以上の割引きはあたりまえ)、そして私が一生使わないだろうゴルフコースのディスカウントを扱っている。ほぼ現地価格と言って良い。私はウルムチからカシュガルまでの片道航空券をここで手配した。

biz_top.gif

----------------------------------------------------------------




ご多分に漏れず、中国でもe-Ticket流行だ。

航空会社にしてみれば、e-Ticketは人件費の節約にもなるし魅力は大きい。最近の中国では航空会社のカウンターでもディスカウント航空券が買えるが、e-Ticketのおかげで日本国内でも買えるようになってきた。

予約サイトは今まで基本的に中国語か英語のものしかなかったのだが、最近日本語に対応した会社が現れた。「ビズエクスプレス」だ。

ここでは国内線のみならず国際線を含む中国発の格安航空券、今まで現地交渉が必要だった中国国内のディスカウントホテル(50%以上の割引きはあたりまえ)、そして私が一生使わないだろうゴルフコースのディスカウントを扱っている。ほぼ現地価格と言って良い。私はウルムチからカシュガルまでの片道航空券をここで手配した。

biz_top.gif


トップメニューには、「ホテル・航空券・ゴルフ場」の3つのメニューがある。また、左側にはプロモーション価格の一部が表示される。なかなか魅力的な価格だと素直に思う。現地価格だ。

Biz_fares.gif


ホテルも定価の1/5以下のものもある。
まぁホテルの定価(ラックレート)なんてあってないような物だからそのままの価値がある訳ではないが、これも現地価格と言って良い。



私は既にウルムチ−カシュガルを30%オフで予約しているが、再度価格をチェックしてみた。やはり中国の国内線は1週間少し前に予約するのが一番安い。予約フォームに8日後の日付を入れ再調査してみる。

Biz_resvervaionform.gif


4日前では海南航空だけが30%オフ、中国南方航空は定価しかなかったのだが、8日前で調べるとどのフライトにも55%オフの運賃と空席がある。ブログのために調べ直したらちょっと悔しくなった。

biz_urckhg_fares.gif


日本国内で使う場合はクレジットカードが必要だ。
中国の会社でカードを使うのには多少抵抗がないでもないが、一応httpsなのでデータは漏洩しないはずだ。もし何か問題が発生したらネット上ではなくこの会社、ということになるだろう。またカードの予約では3〜4%の手数料がかかる。

サイトで予約と申し込みを完了し、現地でも予約が確認できるとhtml(Web)タイプの確認メールが送られてくる。

ak_htmletickets.gif


これを、今や中国のあちこちの空港にある"e-Ticket机"カウンターに持って行けば、そのままチェックインのための航空券を受け取る事が出来る。身分証明書として、予約時に入力したパスポートを提示すれば良い。



この会社では、国際線フライトの格安航空券も扱っている。
トップページにあった「北京-大阪往復1200元」というのは、もしかしたら日本で大阪-北京往復を買う底値に近いかもしれない。昔は格安航空券すらなかった中国に、格安航空券どころかそのe-Ticketまで登場し日本で予約できるのだから、良い時代になったと思う。

あとはこれを鉄道チケットでやってくれれば言うことがないのだが、そこまでになるにはあと1世紀かかりそうな気がする。


海外旅行情報いっぱいのランキングに参加しています。 banner_02.gif
にほんブログ村 旅行ブログ