2007年06月24日

任天堂DS Liteの裏技で旅支度

旅支度といっても、私の場合は簡単だ。

ジャスコで980円で買った、機内持ち込みサイズのキャスター/背負いストラップ付きの3way布バックに、着替えと薄い毛布、洗面具を入れ、あとは貴重品を小さな鞄に入れる。それだけなのでおよそ20分で完了する。あとは旅行に彩りを与えるもの、ということになる。いわゆる先進国や税関のうるさくない国に行く場合には、当然Blufinを持って行く。これ1台あれば本も音楽も映画も山ほど楽しめるし、無線LAN端末にもなる。旅行用のコンテンツビューワ、兼PDAとしてこれ以上の物はない。

今回は子どもが飽きて放置し始めた任天堂DS Liteを活用することにしてみた。

ds_moon_txt_up.gif


----------------------------------------------------------------


 

旅支度といっても、私の場合は簡単だ。

ジャスコで980円で買った、機内持ち込みサイズのキャスター/背負いストラップ付きの3way布バックに、着替えと薄い毛布、洗面具を入れ、あとは貴重品を小さな鞄に入れる。それだけなのでおよそ20分で完了する。


あとは旅行に彩りを与えるもの、ということになる。
いわゆる先進国や税関のうるさくない国に行く場合には、当然Blufinを持って行く。これ1台あれば本も音楽も映画も山ほど楽しめるし、無線LAN端末にもなる。旅行用のコンテンツビューワ、兼PDAとしてこれ以上の物はない。



しかし今回はこのBlufinを持って行くのはためらわれる。
なにせBulfinのOSはWindows Ceなので、辺境のデジタル物を知らない税官吏が見れば「パソコン」と思うかもしれない。PCに高い関税をかける国は少なくないし、今回はキルギス/中国国境越えという、チェックの厳しそうなポイントもある。賄賂を払うのは嫌だ。

Blufin_white_CE.gif



そこで今回は子どもが飽きて放置し始めた任天堂DS Liteを活用することにしてみた。

NDS_lite.jpg

ニンテンドーDS Parent ASIN


この任天堂DS Liteというやつは、売れているだけあっていろんな人がいろんな物を開発している。

こんなものを買って取り付け、こんなソフトや、あんなソフトを入れることで、本やテキストファイルが読めたり、音楽が聴けたり、動画を見ることもできる。


まずはノートがわりのテキストファイルだ。
旅行人などの掲示板の内容をファイルにしてDSに入れる。ついでに青空文庫からレ・ミゼラブルを始め各種の無料小説を500作程入れる。あとはどこでもこれらの文章を読むことができる。

DS_TXT_kidou.gif

NDS_lite.jpg

DS_txt_1.gif

ds_txt_up.gif



縦書きにこだわらないのであれば、こっちのソフトで読めば、簡単に音楽を聴いたり、動画を見ることもできる。

ds_moon_mp3.gif

ds_moon_txt_up.gif


録画したテレビ番組やDVDを変換すれば、動画を持ち運ぶ事も可能だけれど、MicroSDカードの容量が2Gなのに対し、映画1本が200MB程の容量を食うので、今回は映画は持って行かない。それだけのメモリがあれば、本を山ほど持って行ける。


ただ、任天堂の純正ACアダプタは100vにしか対応していないので、多くの国外では使えない。そこでAmazonで240vまで対応するDSLite用 ACアダプタDLiteなるものを購入。1380円也。

Amazonでは1500円以上買わないと送料がかかってしまうので、ついでに旅行人のシルクロード 中央ユーラシアの国々を一緒に購入。良くできたガイドブックだが、2250円は少し高い気がしないでもない。たくさん売れないんだろうなぁ…

ryokoujin_silk.jpg


まぁ私の場合、旅行人ガイドは八重洲かお茶の水まで出向いて買う必要があるので、通販の方が安上がりではある。二つとも注文して翌々日には到着した。


さぁ、今回の旅行でこのDS Liteが大活躍するのか、余計な荷物になるのか、あるいは税官吏の賄賂のネタになるのかは、行ってみてのお楽しみだ。


クリック応援お願いします! banner_02.gif

にほんブログ村 旅行ブログ