2007年05月10日

香港歴史博物館など (2007.1 10回目の香港家族旅行 6)

 
夜便で到着した翌日の香港。
これが4日間程度のツアーなら時間がもったいないので精力的に活動するとことだが、多少時間もあることだし、今日は肩慣らしていどに周辺をふらつくことにする。

まずは飲茶の朝食。
せっかく香港まで来てこれをはずす訳にはいかない。今でこそ日本でも蝦餃などがどこでも食べられるようになったが、昔は福臨門クラスの高級中華料理店にでも行かなければなかなか食べられなかったのだ。YMCAのそばに、ちょっと地味で安めの店を見つけ入る。ワゴンスタイルではないのが残念だが、最近香港ではどんどんワゴンスタイルが姿を消しつつある。無駄や廃棄が多かったのだろうなぁ。

朝食後は香港歴史博物館に向かう。
私は何回か来ているし、家族もグランドオープンの直前に来ているはずだ。ここは大変に素晴らしい施設なのだ。しかも運良く今日は水曜日。入館料無料の日だ。無料とはなかなか安いではないか。まぁ払ってもHK$10だけど。

歴史博物館の宿命として先史時台からの展示があるが、こんなものはどこも似たような内容だ。この博物館で楽しいのは、香港の阿片戦争前後からの発展の様子のジオラマや模型だ。生活感たっぷりの街並みや建物が復元されていて、大変に楽しく規模も大きい。

hk_msm_view.jpg

----------------------------------------------------------------



香港歴史博物館など
(2007.1 10回目の香港家族旅行 6)


夜便で到着した翌日の香港。
これが4日間程度のツアーなら時間がもったいないので精力的に活動するとことだが、多少時間もあることだし、今日は肩慣らしていどに周辺をふらつくことにする。


まずは飲茶の朝食。
せっかく香港まで来てこれをはずす訳にはいかない。今でこそ日本でも蝦餃などがどこでも食べられるようになったが、昔は福臨門クラスの高級中華料理店にでも行かなければなかなか食べられなかったのだ。YMCAのそばに、ちょっと地味で安めの店を見つけ入る。ワゴンスタイルではないのが残念だが、最近香港ではどんどんワゴンスタイルが姿を消しつつある。無駄や廃棄が多かったのだろうなぁ。

HK_dimsum.jpg



朝食後は香港歴史博物館に向かう。
私は何回か来ているし、家族もグランドオープンの直前に来ているはずだ。ここは大変に素晴らしい施設なのだ。しかも運良く今日は水曜日。入館料無料の日だ。無料とはなかなか安いではないか。まぁ払ってもHK$10だけど。

歴史博物館の宿命として先史時台からの展示があるが、こんなものはどこも似たような内容だ。この博物館で楽しいのは、香港の阿片戦争前後からの発展の様子のジオラマや模型だ。生活感たっぷりの街並みや建物が復元されていて、大変に楽しく規模も大きい。

hk_msm_view.jpg



先史時台の石器や土器に関心を示さない次女も、生活感が漂う展示は食い入るように見ている。「昔のおうち」「船のおうち」「昔のお店」などは関心を惹きやすく、また展示が良くできているのだ。

HK_MSM_2.jpg

HK_msm_3.jpg

hk_msm_4.jpg

hk_msm_5.jpg



博物館の中には使われなくなったトラムの車両も置いてある。ここで10分電車ごっごだ。

HK_msm_6_train.jpg

hk_msm_7_train2.jpg



中学生・高校生くらいになると5歳児よりは知恵をつけているので、歴史に関する展示なども良く見ている。中学生の長男には手強い単語も多いらしく、長女が説明などをしている。長女は実はけっこう英語ができるのだがなぜか私の前では絶対に話さない。しかたがないので隠れてその様子を見る。まぁここでじっくりジオラマを見れば、アヘン戦争や植民地になった経緯くらいはさすがに忘れないだろう。

HK_MSM_ahen.jpg



博物館には再現された植民地時代の建物もある。今のイギリスより英国風だ。

HK_MSM_up.jpg


そしてその裏には地味な果物屋の模型。このコントラストがまた興味深い。

HK_MSM_bnn.jpg



ここは展示が充実している上定期的に特別展を行うので、さっと見るつもりでも4時間程度はかかる。本気で展示の解説を読み始めたら丸一日かかるだろう。ビデオブースも数カ所あり、それらもなかなか良くできている。



すこし頭が疲れたところで、遅めの昼食。
これも香港の楽しみである「鮮蝦雲呑麺」。これを日本で出す店も探せばあるのだろうが、私はまだ出会ったことがない。濃厚な蝦スープにやや固めの細麺が旨い。

hk_WTM_1.jpg

HK_wtm_2.jpg




食事の後、今度は香港歴史博物館の真向かいにある香港科学館に向かう。
ここも結構な規模の施設で、特に小さな子どもには体験・操作タイプの充実した展示でたっぷりと遊ばせることができる。

hk_sience.gif



この辺になると親は疲れ始めていてのか、こどもたちの写真がなかった。私の脳は4時間活動するとその日の営業を終了する。唯一あったのが、次女と遊ぶことを拒否して無料のネット端末に張り付く長女・長男の画像だ。おまえらなぁ、少しは妹の面倒見ろよ!

P1080807.gif






香港にはいくつか博物館があるが、先の歴史博物館は大変に素晴らしい施設だ。ここを訪れるだけでも香港の概要が良く分かる。


hk_history_web.gif
http://www.lcsd.gov.hk/CE/Museum/History/index.php



そしてここに続くのが沙田にある香港文化博物館だろう。
今回は行かなかったが、ここも規模・展示内容ともに充実していて少なくとも半日じっくり時間を取りたい場所だ。

hk_history_web.gif



香港の歴史と概要を知る香港歴史博物館、文化や祭礼などを知る香港文化博物館。この二つは香港の博物館のなかでも突出して充実している。香港科学館はよくある科学博物館だが、子どもを遊ばせるには大変に良い。雨の日のアトラクションとしてだけではなく、積極的に訪れたい場所だ。




よろしかったら是非クリックをお願いします。 banner_02.gif

にほんブログ村 旅行ブログ

posted by 主 at 09:09| 2007.1 10回目の香港家族旅行