2007年04月24日

中国南方航空で帰国 (2007.1 チベット青蔵鉄道旅行記 26)



帰国の日がやってきた。
とはいっても、今回はノースウェスト航空のワールドパークス特典旅行で中国に来たため、中国南方航空での帰国となり、広州に1泊しなければならない。ユナイテッド航空のマイルを使えば中国国際航空で接続の良い日程も取れたのだが、一度南方航空のビジネスクラスに乗ってみたかったので、今回に限って言えば文句はない。西安の空港へは市内からバスで1時間程かかる。ベルタワーユースホステルは、その出発地であるメロディホテルにも近い。

西安から広州までの機材はA320だった。
2時間程度のフライトだが、機内食も映画のサービスもある。中国南方航空は、大陸の航空会社としてはなかなかサービスが良い方かもしれない。

XIan_can_A320.jpg

----------------------------------------------------------------




中国南方航空で帰国
(2007.1 チベット青蔵鉄道旅行記 26)



帰国の日がやってきた。
とはいっても、今回はノースウェスト航空のワールドパークス特典旅行で中国に来たため、中国南方航空での帰国となり、広州に1泊しなければならない。ユナイテッド航空のマイルを使えば中国国際航空で接続の良い日程も取れたのだが、一度南方航空のビジネスクラスに乗ってみたかったので、今回に限って言えば文句はない。


西安の空港へは市内からバスで1時間程かかる。
ベルタワーユースホステルは、その出発地であるメロディホテルにも近い。

xian_melodyhotel.jpg




西安から広州までの機材はA320だった。
2時間程度のフライトだが、機内食も映画のサービスもある。中国南方航空は、大陸の航空会社としてはなかなかサービスが良い方かもしれない。

XIan_can_A320.jpg

xian_can_A320_meal.jpg



往路同様、広州空港内のホテル案内所で空港送迎のある一番安いホテルを尋ねる。

can_hotel_counter.jpg



往路では広州北部のちょっとした繁華街にある200元のホテルが最安だったが、帰路には160元のホテルがあった。状況は常に変わるのだろう。「とにかく送迎があって一番安いホテル」ということで、広州市北部の人和鎮風和村という高速道路出入り口に近い「台東酒店」というホテルを手配してもらう。周辺には何もないエリアだが、トランジットの1泊にはなんの問題もない。

can_taikyou_hotel_view.jpg

can_taikyouhotel_robby.jpg

can_taikyouhotel_bed.jpg




翌朝、ホテルの無料送迎バスで空港に向かう。

中国南方航空は広州白雲空港をハブにしているため、ラウンジには多少期待していたのだが、それほど充実したものではなかった。しかしとりあえず出発までコーヒーを飲んでくつろぐ程度はできる。

Can_cz_lounge.jpg

Can_cz_lounge_frige.jpg




成田への機材は、往路と同じB777だ。
この機材は、ビジネス/プレミアムエコノミー/エコノミーの3クラス構成になっているため、ビジネスクラスが機体最前部のAコンパートメントにある。往路同様、シートピッチやリクライニングもゆったりしていて、中国国際航空のB757のビジネスとは雲泥の差だ。

Can_cz_777_c.jpg

can_cz_777_,meal_app.jpg

can_cz_777_meal_main.jpg



ビジネスとしては平均点程度のミールを食べながら、今回の旅行を振り返る。


噂になっていた2007年からのチベット入域許可証廃止はなかった。

しかし事実上チェックはなくなってきているようで、許可証を持たずにラサに入ってきた旅行者は少なくなかったし、3月から廃止になるという新しい噂もあった。国内線を手配した時、許可証を求められなかったという話まで聞いた。中国のことなので、規則と運用が現実的に違ってくることもあるだろうし、本当に廃止は近いのかもしれない。



チベット鉄道も、時期さえ選べばもう「プラチナチケット」ではなくなっていた。

以前に比べ列車の本数が大幅に増えたせいもあるだろう。その気にさえなれば、もう誰でもチベット青蔵鉄道の旅を楽しむことができる。予約や切符、入域許可証の手配も日本からネットで行うことが可能だった。誰でも行ける。これが正直な感想だ。



中国政府も、チベットを"観光地"として世界に大々的に売り込むつもりのようだ。
チベット鉄道はその一端を担うし、今ではシンガポールから直行便が飛ぶなど、状況は数年前とままるで変わってきている。これをチベットの"漢民族国家化政策"と考えるのも間違いではないだろうし、観光振興が経済発展に寄与することも間違いない。


この点については、私にも私なりの思いがあるが、通りすがりの外国人がどうのこうの言いにくいところもある。チベット鉄道開通のメリットやデメリット、チベット観光開発が人々に何をもたらすかは、外国人としての立場を弁えつつ、これからも見つめて行きたいと思う。

tibet_train_endrail_1.jpg





よろしかったら是非クリックをお願いします。 banner_02.gif

にほんブログ村 旅行ブログ