2007年04月21日

青蔵鉄道、帰路 (2007.1 チベット青蔵鉄道旅行記 25)



私は帰路の航空券を西安からの予約にしておいた。
成都からラサまで列車のチケットは日本から予約を依頼できるが、ラサからのチケットはそうはいかない。素直に考えれば一番便の良い成都に戻るのが賢明なのだが、帰路も2泊3日列車に揺られて同じ街に戻るのもつまらない。そこで、いざとなれば飛行機の便もそこそこあり、また経由する列車が最も多い西安からにしてみたのだ。

ラサから西安までは1泊2日で到着するし、経由する列車も北京行きや重慶行きなど複数ある。行きは軟臥にしたので、帰りは出来れば硬臥を取りたかった。もちろん空席がなければ軟臥でも硬座でも良いし、列車が取れなければ空路で戻る覚悟もあった。西安までの空路すらなければ、バスなり飛行機なりで西安から遠くない街に行けば、あとはバスに乗れば済む。

lhasa_stn_t28_gate.jpg

----------------------------------------------------------------





青蔵鉄道、帰路
(2007.1 チベット青蔵鉄道旅行記 25)


私は帰路の航空券を西安からの予約にしておいた。

成都からラサまで列車のチケットは日本から予約を依頼できるが、ラサからのチケットはそうはいかない。素直に考えれば一番便の良い成都に戻るのが賢明なのだが、帰路も2泊3日列車に揺られて同じ街に戻るのもつまらない。そこで、いざとなれば飛行機の便もそこそこあり、また経由する列車が最も多い西安からにしてみたのだ。


ラサから西安までは1泊2日で到着するし、経由する列車も北京行きや重慶行きなど複数ある。行きは軟臥にしたので、帰りは出来れば硬臥を取りたかった。もちろん空席がなければ軟臥でも硬座でも良いし、列車が取れなければ空路で戻る覚悟もあった。西安までの空路すらなければ、バスなり飛行機なりで西安から遠くない街に行けば、あとはバスに乗れば済む。



ラサを出る3日前に駅に向かった。駅までは交通公司から1元のバスが頻繁に出ている。

lhasa_stn.jpg


チケット売り場は、一番大きな建物の北側にある。
たまに売り場の外に行列が出来ていることがあるが、これは発売日の硬座を確保しようとする人たちの行列らしい。チベット鉄道は硬座から予約が埋まっていく。

lhasa_ticket_door.jpg

lhasa_stn_ticket1.jpg



チケット売り場には、各地までの運行状況、運賃、空席の有無が電光掲示板で表示されている。

lhasa_stn_elepanel.jpg


春節前の閑散期とは言え、チケット売り場には行列すらない。
日付と行き先、そして"硬臥1人"と書いたメモを窓口に出すと、拍子抜けするくらい簡単にチケットを買うことができた。始発駅とは言え、列車の切符購入が何かと面倒な中国で、これほど簡単に買えたのは初めてだ。外国人の入域許可証さえ見ようとしない。切符と同時に、健康観察の書類が渡される。これは往路でも書いた。気圧の低い高地を走る列車であるため、体調などを申告するための書式だ。

lhasa_ticketbooth.jpg

LhasaXian_ticket.jpg





出発の朝、ラサには雪が降った。

lhasa_snowMoring.jpg



8時発の列車に乗るためには6時には宿を出たい。雪の朝だから尚更だ。
西にあるため朝の遅いラサでは、6時は真夜中だ。しかしタクシーだけは頻繁に北京東路を行き来する。多くの列車が出発するこの時間帯は、タクシーには稼ぎ時らしい。交通公司まで行けばバスはあるがそこまで行くバスはまだ走っていないからだ。強気な値段を言うタクシーを数台追い返し、1台3人合計45元で手を打つ。



待合室で改札を待つ。

lhasa_stn_wating_1.jpg



出発時刻の20分ほど前に改札が始まる。中国の列車はいつもぎりぎりまで改札をしない。


Lhasa_T28_sign.jpg

lhasa_stn_t28_gate.jpg

lhasa_t28_gate_in.jpg



もうすぐ8時だというのに、ホームはまだ暗い。そんな中自分の乗る車両を探す。

lhasa_t28_view.jpg

T28_findroom.jpg

T28_findseat.jpg



しばらくすると車掌が切符を確認し、それと「換票証」なるカードと交換する。これは中国の列車では一般的なことだ。普通は金属の小さなプレートなのだが、青蔵鉄道ではプラスチックのカードだった。

lhasa_t28_ticketCARD.jpg



8時を過ぎ列車が走り出してもまだ車窓は暗い。夜の明けきらないラサに別れを告げる。西安までは1泊2日。明日の夜には到着する。1泊ならあっという間だ。

T28_darkmoring.jpg




結構がんばって画像アップしてます。よろしかったら是非クリックをお願いします。 banner_02.gif

にほんブログ村 旅行ブログ