2007年03月26日

車窓風景2、そしてラサ (2007.1 チベット青蔵鉄道旅行記 18)



ゴルムドを過ぎるといよいよ新しく開通した青蔵鉄道、いわゆるチベット鉄道に入る。列車はゴルムドで機関車を付け替えるらしいのだが、行きも帰りも深夜・早朝の時間帯であるため私はしっかりと眠っていた。

この区間には20以上の駅と、9の観光・展望台・保守用の駅があるが、特別快速(T次列車)の場合、少なくとも私が乗ったT22次、T28次の場合にはこの間全く乗客の乗降はなかった。観光・展望台用の駅で停車することはあってもドアは開かず、車内から外を眺めるだけだ。西寧からのN次列車(省内・観光列車が多いらしい)では途中駅での乗客乗降や列車待ち合わせもあるらしい。

tibetrail6yaku.jpg

----------------------------------------------------------------


車窓風景2、そしてラサ
(2007.1 チベット青蔵鉄道旅行記 18)


ゴルムドを過ぎるといよいよ新しく開通した青蔵鉄道、いわゆるチベット鉄道に入る。列車はゴルムドで機関車を付け替えるらしいのだが、行きも帰りも深夜・早朝の時間帯であるため私はしっかりと眠っていた。

ゴルムドから先のチベット鉄道の路線は、日本語版wikipediaによるとこうなっている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E8%94%B5%E9%89%84%E9%81%93

tibetrail_wikimap.jpg


この区間には20以上の駅と、9の観光・展望台・保守用の駅があるが、特別快速(T次列車)の場合、少なくとも私が乗ったT22次、T28次の場合にはこの間全く乗客の乗降はなかった。観光・展望台用の駅で停車することはあってもドアは開かず、車内から外を眺めるだけだ。西寧からのN次列車(省内・観光列車が多いらしい)では途中駅での乗客乗降や列車待ち合わせもあるらしい。



さて、ゴルムドから先、列車はチベット高原をひた走る。
分かりやすく地形を表示できないかと Google Earth、Google Map を見てみた。

tibetrail_googleerath.jpg
http://bbs.keyhole.com/ubb/download.php?Number=741404


tibetrail_googlemap.jpg
http://maps.google.com/maps?q=http://bbs.keyhole.com/ubb/download.php?Number=741404&t=k&om=1


なんだか良く分からない。



列車はゴルムド周辺で既に標高4000mを超えた地点にある。
その先はチベット高原をひた走ることになる。景色は確かに素晴らしい。

tibetrail1.jpg

tibetrail2.jpg

tibetrail3.jpg

tibetrail4.jpg

tibetrail5.jpg



しかし決して一大スペクタクルが展開する訳でもない。

ゴルムド周辺で標高4000mから4500m。最高地点で標高5000m強。極端な標高差がある訳でもなく、大峡谷を跨ぐ訳でもない。6-7000mクラスの雪山も見えるが、標高差は1000-2000m。駿河湾から富士山を見るような迫力はない。

そう、チベット鉄道の車掌風景は、なかなか見られるものではないが、かといって驚嘆の声を上げるほどの大絶景の連続というわけでもないのだ。今まで外国人が合法的に通るには高価すぎた風景を列車の運賃で見ることができる意味は大きいが。西寧からの闇バスに乗った経験があれば、見える風景はほとんど同じだと言って良い。事実チベット街道も鉄道とおおよそ並行して走っている。

tibetrail5.jpg

tibetrail6.jpg

tibetrail6yaku.jpg

tibetrail7.jpg

tibetrail8.jpg



チベット鉄道に乗ると、こんな景色を一日中見ていることになる。考えようによっては、西寧以前の車掌風景より変化に乏しいとも言える。それはのんびりとしたとても贅沢な時間でもあり、ちょっと退屈で眠くなる時間でもある。

実際12時間以上もの間、車窓風景に集中して感動したり歓声をあげたりし続けることなと不可能だ。たまに昼寝などもしながら、それでも十分美しい風景を眺める。ラサまでの列車の旅はこんなものだ。


やがて久々のやや大きめな街並みが見え始める。ラサが近いのだ。

tibetrail9.jpg



ラサ駅は市内から北に5km程離れた場所にある。
完成して1年もたっていないこともあり、まだきれいな建物だ。空気が乾燥していることや列車の本数が少ないせいもあるのだろう。


tibetrail10_lasa.jpg

tibetrail11_lasa.jpg



駅前には公共バスが来ている。市内の交通公司まで1元だ。昼間は1日中走っているが列車到着の時間帯にはいつもより多めのバスが乗客を待っている。




結構がんばって画像アップしてます。よろしかったら是非クリックをお願いします。 banner_02.gif

にほんブログ村 子育てブログ
にほんブログ村 旅行ブログ