2007年03月06日

車窓風景1 (2007.1 チベット青蔵鉄道旅行記 16)



成都からラサまでは2泊3日の道のりになるが、初日は夕方の出発なのであっという間に日が暮れる。なので、あまり車窓風景を楽しむ、という感じにはならず、車内を探検して食事をしてから、ベッドの感触を楽しんで寝てしまうことになる。したがって本格的に車窓風景を楽しむのは2日目以降になることが多いかもしれない。

wpic7_slake2.jpg

----------------------------------------------------------------




車窓風景1
(2007.1 チベット青蔵鉄道旅行記 16)


成都からラサまでは2泊3日の道のりになるが、初日は夕方の出発なのであっという間に日が暮れる。なので、あまり車窓風景を楽しむ、という感じにはならず、車内を探検して食事をしてから、ベッドの感触を楽しんで寝てしまうことになる。したがって本格的に車窓風景を楽しむのは2日目以降になることが多いかもしれない。


成都発の列車は蘭州、西寧、ゴルムドを通ってラサに向かう。
2006年に開通した新しい「チベット鉄道 / 青蔵鉄道」は、ゴルムドから先だ。それまでは中国の農村風景などを眺めて過ごすことになる。

Wpic_inaka.jpg



2日目には蘭州、西寧に着く。
蘭州は黄河で有名な街だ。黄河沿いに街が細長く連なる。

Wpic_ranshu.jpg



そして西寧。

wpic3_seinei.jpg

wpic4_seinei_town.jpg



平地を主に走るのはここまでだ。西寧から先は少しずつ高度を上げていく。

wpic2.jpg

Wpic1.jpg

wpic5_toMt.jpg



成都発のT22次列車は、1月は、中国最大の塩水湖である青海湖を過ぎる頃日没を迎える。
食堂車で5元のビールを飲みながら、暮れていく湖を眺めるのも悪くない。

wpic6_slake.jpg

wpic7_slake2.jpg




結構がんばって画像アップしてます。でも評価低くて… ^^; よろしかったら是非クリックをお願いします。 banner_02.gif

にほんブログ村 子育てブログ
にほんブログ村 旅行ブログ