2007年02月11日

チベット青蔵鉄道について (2007.1 チベット青蔵鉄道旅行記 1)



青蔵鉄道がラサまで開通したのは2006年7月のことだ。
私はテレビでこのニュースを知るや否や、乗りたくてたまらなくなった。

それまでチベットの省都ラサに行くためには、チベット入域許可証と航空券と現地で手配し、成都から飛行機に乗るのが一般的な方法だった。もちろんゴルムドや西寧から陸路の交通手段もあるのだが、合法的に利用するためには入域許可証以外に旅行許可証も必要となり、合法的に陸路移動することはかえって割高だったのだ。もちろん法治より人治が優先する中国のこと、許可証を持たずにこのルートを取る旅行者もいた。

だが青蔵鉄道の開通により、外国人旅行者も高価な車をチャーターすることなく合法的に、陸路ラサへと向かうことができるようになったのだ。しかも西寧/ラサ間を僅か1泊2日で駆け抜ける。これはかなり画期的なことだった。

Lhasa_STN_Sign.jpg

----------------------------------------------------------------



チベット青蔵鉄道について
(2007.1 チベット青蔵鉄道旅行記 1)



青蔵鉄道がラサまで開通したのは2006年7月のことだ。
私はテレビでこのニュースを知るや否や、乗りたくてたまらなくなった。

それまでチベットの省都ラサに行くためには、チベット入域許可証と航空券と現地で手配し、成都から飛行機に乗るのが一般的な方法だった。もちろんゴルムドや西寧から陸路の交通手段もあるのだが、合法的に利用するためには入域許可証以外に旅行許可証も必要となり、合法的に陸路移動することはかえって割高だったのだ。もちろん法治より人治が優先する中国のこと、許可証を持たずにこのルートを取る旅行者もいた。

だが青蔵鉄道の開通により、外国人旅行者も高価な車をチャーターすることなく合法的に、陸路ラサへと向かうことができるようになったのだ。しかも西寧/ラサ間を僅か1泊2日で駆け抜ける。これはかなり画期的なことだった。

Lhasa_STN_Sign.jpg



予想通り、北京西からラサ行きの列車の切符は「プラチナチケット」と化した。
もともと鉄道の予約システムが複雑な中国のこと、出発地以外での入手も難しいのだから、外国人が中国国外で予約手配し限られた日程の中で片道だけでもこの列車に乗ることは、事実上不可能だった。



中国以外のテレビ局もチベット青蔵鉄道を紹介した。

日本のNHKが「青海チベット鉄道 -世界の屋根2000キロを行く-」、ディスカバリーチャンネルが "Man Made Marvels" というドキュメンタリー番組を放映した。私が見ることができたのはこの2本だけだが、きっと他にもあるだろう。もし見ることができれば、青蔵鉄道の概要をかなり効率良く知ることができる。

Tibetrail_NHK.jpg

TIbettrain_DiscoveryCH.jpg




しかし開業から半年が経ち、熱狂的なブームもかなり落ち着いてきた。
また、北京/上海に加え、西寧、蘭州、成都、重慶、広州と路線は増え、競争も一段落した。また日本からさほど高くなく予約手配をしてくれる場所も見つかった。春節の少し前である1月下旬ならチケットの入手が可能だろうと考え打診したところ、日本からの切符の手配は思いのほか容易だった。



また2007年1月からチベットの入域許可証が廃止になるという噂も、中国系の掲示板で多く語られていた。(実際には実現しなかったが)。また一部旅行ガイドに書かれている「15日以内のビザなし入国ではチベットに入ることができない」という「ルール」も廃止、あるいは形骸化していることも現地の情報として確認できた。




青蔵鉄道は、観光シーズンを除けば、今や誰でも簡単に乗ることができる。

そしてこの鉄道は、現代の最先端技術を用いて作られた記念碑的な鉄道だ。

今まで世界最高地点を走っていたペルー鉄道の記録を塗り替え、海抜5000メートルを超える地点を走る。またゴルムド/ラサ間約1100kmのうちおよそ9割が4000メートルを超える高地だ。永久凍土や自然保護地域に敷設されるため様々な技術が用いられており、車体にも航空機メーカーである航空機メーカーであるカナダボンバルディア社の技術協力のもと車体全体が与圧されている。

lasa_train_body.jpg



チベット青蔵鉄道に関しては、ここが詳しい。(中国語)



また、列車の運行時刻などについては、日本語ではここが便利だ。



今回の旅行記では、このチベット青蔵鉄道を中心に、日本国内からの予約の手順、経由地の観光・宿泊情報、車内の様子などを可能な限り詳細に報告していこうと思う。





このブログはランキングに参加しています。よろしかったらクリックをお願いします。 banner_02.gif

にほんブログ村 子育てブログ
にほんブログ村 旅行ブログ