2007年01月10日

中越国境 南寧ルート詳細 - 南寧/中国・ハノイ/ベトナム (2006.9-10 父一人旅アジア周遊53)

 

寝台バスは早朝6時頃南寧のバスターミナル着いた。
ターミナル1階にあるKFCで朝食を取り、ついでに洗面所で洗顔や歯磨きをする。さすがに歯磨きは奇異な目で見られるかと多少心配もしたが、店員は全く意に介した様子を見せない。場所柄慣れているのかもしれない。

nan_hanoi_border2_yuugikaku.jpg


----------------------------------------------------------------


中越国境 南寧ルート詳細 - 南寧/中国・ハノイ/ベトナム
(2006.9-10 父一人旅アジア周遊53)



寝台バスは早朝6時頃南寧のバスターミナル着いた。
ターミナル1階にあるKFCで朝食を取り、ついでに洗面所で洗顔や歯磨きをする。さすがに歯磨きは奇異な目で見られるかと多少心配もしたが、店員は全く意に介した様子を見せない。場所柄慣れているのかもしれない。

Nan_hanoi_KFC.jpg



朝食を取りながら到着口に置いてあったバス会社のチラシを読む。
すると、ハノイへの直行バスが市内のバスターミナルから毎朝7時20分に出発することが分かった。このターミナルからもあるのかもしれないが、確実に出る場所が分かったのだからそこに行かない手はない。

寝台バスが到着したのは南寧郊外にあるバスターミナルだが、ハノイ行きは市内のターミナルからの出発だ。数キロの距離がある。バスでも行けそうだとは思ったが、チラシに市内ターミナルの住所が書いてあったのでタクシーを拾うことにする。これなら住所から現地を探す手間もない。タクシー代30人民元はまぁまぁだったと思う。

市内のターミナルにはほとんど人気がなかったが、窓口で「ハノイに行きたい」と言うとすんなりと通しチケットを買うことができた。ハノイまで総額120元。国際列車などばかばかしくて乗っていられない安さだ。



南寧と国境の町凭祥を結ぶ高速道路は、2005年の暮れに開通したらしい。
それまで昆明-ハノイのような峠道だった道路も快適になり、国境まで2時間強で着いてしまう。中越国境のルートとしては最も安上がりで最も速く快適だ。中国側のバスはVCDを流しながら高速道路を快走する。

Nan_hanoi_china_bus.jpg



やがて中越国境が近づく。

Nan_hanoi_border_1.jpg



すると車内では怪しい札を配り始める。

Nan_hanoi_border_tag.jpg

これが中国側から通しチケットを買った証になるようだ。これを首にぶら下げて国境を越えると、ベトナムのバスがピックアップしてくれる。



中越国境エリアは観光地にもなっていて、出国しない人でも10元を支払えば出入国管理事務所の手前まで行くことができる。もっともただここを見て帰る日本人は多くないとは思うが。中越紛争時の弾痕が残る友誼関が観光名所になっているのだ。

nan_hanoi_border2_yuugikaku.jpg



国境を越える旅行者はこの先にあるイミグレーションで出国手続きをする。システムは他の中国国境と全く変わらない。小さいながら免税売店もあり、ウイスキーを買い込むベトナム人も結構いた。

nan_hanoi_border3_chinaIMGR_view.jpg

nan_hanoi4_chinaIMGR_inside.jpg




出国手続きを済ませたら、200メートル前後の緩衝地帯を歩く。写真には写っていないが、近くにはトラックなどが使うのだろう、国境トンネルも完成していて、数日後には運用開始とあった。

Nan_hanoi_border4_kanshoutitai.jpg



ベトナムのイミグレに入り入国手続きをする。
こちら側の入国事務所は、用紙を受け取る場所が奥にあり非効率的だ。また、係員が中国側より多くいて大勢で細かい作業を分担していて効率が良くない。中国より社会主義国的な印象を受ける。

Nan_hanoi5_vietnamuIMGR_view.jpg

nan_hanoi_border6_vietnamIMGR_inside.jpg


中国側の国境に到着してから小一時間経って、ようやくベトナムに入国ができた。
こんなに時間がかかってバスがいなくならないかという心配は要らない。全員同じペースで移動するので、札をぶら下げた人間はおおよそひとかたまりでベトナム側のバスに乗り込むことができる。

nan_hanoi_vietnamuBUS_view.jpg




ベトナム側の道は中国側ほど良くはない。
高速道路と比較するのは酷な話だが、中国の普通の幹線道路より道路状態は良くない。しかし、前面舗装されているし、全行程2車線以上の道だ。ベトナムとしては十分快適な道路に入ると思う。


この道を3時間程走ると、あっけなくハノイに到着した。
ただしどのバスターミナルでもない。市街地から数キロ北方に離れた、単なる路地だ。帰路のため場所を覚えておこうとかなり努力をしたが、結局この場所に2度とたどり着くことはできなかった…。

Nan_hanoi_hanoiARR.jpg


それにしてもこの南寧-ハノイルートは画期的なほど快適な中越ルートだ。おまけに安上がりなのが良い。中国からベトナムへはどうしても人気の雲南・昆明からハノイに抜けることが多いが、ちょっと中国をゆったり見物しながら南寧に抜けてからハノイに向かうのも悪くないと思う。



お役にたてましたら、ぜひクリックをお願いします。^^ blogランキング banner_02.gif

にほんブログ村 子育てブログ
にほんブログ村 旅行ブログ