2006年06月19日

2006.5 韓国旅行記 (Natsu4歳) エバーランドへ

「エバーランドへ」

 水原に宿を取ったのは、「ソウルは飽きた」以外にも、周辺の遊び場への交通の便が良いことがありました。

 エバーランドは韓国最大の遊園地です。
http://www.everland.com/htm/MultiLanguage/japanese/htm/index.htm
 その規模は、東京ディズニーランド以上かもしれません。少なくとも面積では間違いなく広いでしょう。また、ディズニーランドでは考えられない我が家好みの地味な施設や動物園などもあり、とても楽しめる場所です。以前行った時には、隣接する「カリビアン・ベイ」というプールだけで1日が終わってしまいました。

 しかしここにはあまり日本人は多くありません。「龍仁自然農園」時代にはほとんどのガイドブックには載っていませんでしたし、「エバーランド」と名前を変えても極端に増えることはありませんでした。ロッテワールドにはあんなに日本人がいるのに。

 これには理由があります。エバーランドは交通の便が悪いのです。韓国の人にとっても「基本的に車で遊びに行く場所」のようで駐車場だけはやたら広いのですが、車がないとバス頼るしかありません。

 しかし、これがまた分かりにくいのです。ソウルからだと江南から直行バスが出ていますが、韓国の代理店が主催するチャーターバスであるため、日本人には乗り場を見つけるのも一苦労。結局多くの人が代理店の日本人価格ツアーを使うことになるのですが、これがバス代にちょっと食事をつけただけなのに、いきなり値段が10倍以上になります。

 我が家のソウルの定宿は明洞近く、南山の下にあるため、江南に行くには渋滞のない地下鉄に乗っても40分くらいかかってしまいます。ソウルの地下鉄はいつも結構混んでいてあまり座れた試しもないし…。つい億劫になり、今まではソウル大公園やロッテワールドあたりでお茶を濁してきました。


 しかし水原からなら座席バスがあります。駅前なら乗り場に迷うこともありません。エバーランドに行く座席バスの乗り場は宿から歩いて2分程度のところにあり、10分〜20分に1本程度の頻度で走っています。座席バスに始発から乗るので、ゆったり座って行くことができます。

 宿から歩いて1分の軽食堂で朝ご飯を食べ、そこから歩いて1分のバス停に向かうと、あっという間に6000番のバスはやってきました。所要時間は水原市内や龍仁市内の渋滞によって60-80分。ソウル発の韓国人向けバスの半額以下、日本人向けオプショナルツアーの20分の1の値段でエバーランドに行くことができます。
suwon1.gif
 写真上は水原駅前のバス乗り場周辺、下はエバーランドに行く6000番のバスです。

suwo6000bus.gif

↓ お役にたてましたらクリックをお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ
にほんブログ村 旅行ブログ
人気blogランキングへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3044303

この記事へのトラックバック