2008年04月20日

交河故城 (ウルムチ発トルファン日帰り人民ツアー 3)


 
交河故城はあまり日本では有名ではないかもしれない。
ここはウイグル地区における漢王朝の辺境前線基地都市であり、長い間軍事基地として使用されてきた天然の要塞だ。702年に最初に築城されて以来チンギスハンに滅ぼされたりもしたが、唐の時代の様子を残す保存状態の良い遺跡なのだ。

もちろん観光で食べていくつもり満々のトルファンでは重要な観光資源であり、入場料もお安くない。個人で入ると40元なりの入場料となる。

jiaohe_gate.gif

それなりの入場料をとるため遺跡だけでは申し訳ないと考えたのか、一応ジオラマのある小さな博物館もある。ぱっとしない施設だが、それでも交河故城遺跡の全貌を理解するには便利だ。遺跡の南部は街だったこと、北部は墓地や寺院だったこと、中央に行政機関があったことが分かる。人民ツアーはこんな場所でゆったり時間をとったりしない。10分程でさっそく遺跡に向かう。

----------------------------------------------------------------

 
交河故城はあまり日本では有名ではないかもしれない。
ここはウイグル地区における漢王朝の辺境前線基地都市であり、長い間軍事基地として使用されてきた天然の要塞だ。702年に最初に築城されて以来チンギスハンに滅ぼされたりもしたが、唐の時代の様子を残す保存状態の良い遺跡なのだ。

もちろん観光で食べていくつもり満々のトルファンでは重要な観光資源であり、入場料もお安くない。個人で入ると40元なりの入場料となる。

jiaohe_gate.gif

それなりの入場料をとるため遺跡だけでは申し訳ないと考えたのか、一応ジオラマのある小さな博物館もある。ぱっとしない施設だが、それでも交河故城遺跡の全貌を理解するには便利だ。遺跡の南部は街だったこと、北部は墓地や寺院だったこと、中央に行政機関があったことが分かる。

jiaohe_museun.gif

人民ツアーはこんな場所でゆったり時間をとったりしない。10分程でさっそく遺跡に向かう。

jiaohe_in.gif

jiaohe_1.gif

jiaohe_2.gif

遺跡の中を自由に歩くことはできず、特に北部の寺院・墓地エリアの奥にはいることは出来なかった。住居跡、役所跡など一部が管理・開放されていてその中には入る、あるいは近づくことができるという感じだ。私は遺跡の中はアンコールワットのように自由に見せて欲しいと思うのだが、管理を考えればそうもいかないのだろう。また中国にしてみれば、この遺跡はウイグル地区における漢民族進出の痕跡を残す重要な遺跡なのかもしれない。ウイグル人にしてみれば、中華王朝による侵略の拠点だ。双方想いがあるだろう。


海外旅行のランキングに参加しています。よろしかったらクリックの応援お願いします。banner_02.gif
にほんブログ村 旅行ブログ