2008年03月15日

ウルムチ発トルファン日帰り人民ツアー 1

ウルムチで楼蘭美人のミイラを見た後の観光には、正直あまり魅力を感じなかった。どこにでもあるような紅山公園に登るのも今ひとつ気が乗らないし、街もそこそこ堪能したしここは郊外に出てみたい。

ウルムチ郊外の観光スポットと言えば天池だ。
ここは「中国のスイス」などと呼ばれてもいるようだ。
しかしこの「中国のスイス」とか「アジアのベニス」とか「山陰の小京都」とか、「なんたら(ローカル)のなんたら(有名どころ)」という場所には、正直あまり関心が湧かない。「みみっちいこと言うな。偽物見るなら本物を見に行くわい!」と思ってしまうのだ。

そういう訳で天池はバス。南山にもいまいち惹かれない。
ここはやはり素直にトルファンの1日観光人民ツアーにでも参加してみようと、人民公園界隈に出向いてみる。
trf_start1.jpg

人民公園の北口前には、人民相手の観光ツアー会社がいくつかある。そのうちの一つに話を聞くと、トルファン1日ツアーは全ての入場料・昼食込みで220元らしい。自力でトルファンまで行くとバスで40元で約2時間、現地での移動を考えるとウルムチから220元はそれほど悪くはない。朝8時の出発とのことで、さっそく申し込んでみる。

trf_start2.jpg

----------------------------------------------------------------
(…続き・全文を読む) / (ランキングへ)

2008年03月01日

ウルムチ観光、楼蘭美女のミイラと夜市

 
以前にも書いたが、ウルムチは沙漠のメガシティだ。
人口はおよそ160万人。東西南北どの海からも2000km以上離れているため、「世界一海から遠い都会」とも呼ばれている。遊牧民族と漢民族による領土の奪い合いが行われてきたが、清朝光緒帝の1880年代に新疆省が設置されると、迪化は同省の省都となったとある。

umc_view.JPG
(Wikipediaウルムチより)

私にとってウルムチは久々の大都会だ。
麦田YHに隣接するデパートを見物に行くと、開店前の朝礼兼体操が行われていた。中国の大きな企業では、良く人目もはばからずこの体操をやっている。以前麗江のホテルのロビーで体操が始まった時には「客を放置してここで体操するか」とちょっとしたカルチャーショックを受けたが、さすがデパート店内では行わない。

umc_taisou.jpg

店舗前の大型ビジョンでは体操のお手本が放映されている。
さすが、ぬかりはない。

umc_taisou_tv.jpg

とりあえず都会の朝を味わうためKFCでブリトーとコーヒーの朝食。インスタントではないコーヒーは久しぶりだ。

----------------------------------------------------------------(…続き・全文を読む) / (ランキングへ)