2007年08月22日

旧ソ連幹部の保養所 イシククル湖・ホテルオーロラ


前にも書いた通り、イシククル湖は以前外国人の立ち入りが禁止されていた。湖の周辺に鉱山が多いことが理由だが、風光明媚な土地柄と外国人がいない気安さ(?)からなのか、この周辺には旧ソ連要人の別荘などもあるらしい。プーチン大統領やエリツィン元大統領のみならず、隣国カザフスタン大統領の別荘もある。実はここイシククルはキルギスの首都ビシュケクよりカザフスタンの首都アルマティの方が近い。


ホテルオーロラはもともと旧ソ連のサナトリウムだった。

サナトリウムといっても日本のような病人専用の保養施設ではない。書記や将校など政府幹部専用の保養施設だ。もちろん一般人が泊まれるようなものではない。イシククル湖の地図を見ると妙に飛行場のマークが多いのだが、これはそういう幹部のためのものだったのだろう。

イシククル湖のサナトリウムは1979年に出来たまぁまぁ新しい建物だ。部屋数は149、キャパシティは219人。幹部専用保養所だった癖に、一応サナトリウムの体裁を取り繕うために、簡単な診療所やX線施設もある。機能しているかどうかはわからないが。もちろん敷地はしっかり塀などでセキュリテュイが保たれており、ビーチはプライベートビーチ。病人が使うわけがない、湖に飛び込む滑り台まである。


このイシククルサナトリウムは、ソ連崩壊後ホテルオーロラとして一般の外国人にも開放されるようになった。ここに泊まらない手はない。


このホテルオーロラは、イシククル湖北岸最大の町であるチュルポン・アタにあることになっているが、実際には町のはずれでバスターミナルから更に東に10-15km程行った湖岸にある。バスターミナルからはタクシーで250-300com。ビシュケクからチュルポン・アタまでのバス代が150comだったのにと泣き言を言うと、「だったら東に行くバスを捕まえて乗ればいい。50comで十分だよ」と運転手は笑う。キルギスの運転手はなかなか人が良い。

15分に1本位通るバスにはカザフスタン籍のものも多くこれには乗れないが、30分程でキルギスのバスがやってきた。最前列に乗り込み運転手に「オーロラ、オーロラ」と連呼する。20分ほどでうんざりした顔でバスから降ろされる。ちょっとしつこかったようだ。

aurora_sign.jpg

----------------------------------------------------------------
(…続き・全文を読む) / (ランキングへ)

2007年08月09日

ビシュケクからイシククル湖へ

 
カザフスタンのビザが出来上がるまで3日間ある。

パスポートもないしビシュケクの街にいるほうが良いのだが、旅程も長いわけではないしせっかくだから少し出歩きたい。そこでキルギス最大の観光名所であるイシククル湖に行くことにした。

イシククル湖は東西200kmに及ぶ琵琶湖の9倍の広さを持つ湖だ。周囲には鉱山が多くあるため、旧ソ連時代には外国人の立ち入りは禁止されていた。しかし風光明媚で旧ソ連幹部の保養所があったほどだ。景色がきれいなのは北部、水がきれいなのは南部と言われていて、キルギスの人たちにとっても一般的な観光地だ。私は湖畔の街の中で最も有名なチュルポン・アタを目指すことにした。

iskkr1.jpg

----------------------------------------------------------------

(…続き・全文を読む) / (ランキングへ)

2007年08月08日

ビシュケクの安食堂

 
宿の情報ノートにはビシュケクのうまい店情報があった。

正直中央アジアには「これだ」という程旨い物はない。例の油っぽく保存の利くナン、中央アジア一帯にある餃子やラグマン、そして旧ソ連風味の各種つまらないもの、などが多い。公園で食べたような肉の串焼きはなかなか旨いが、肉の旨さであって調理の勝利という気はあまりしない。そんな中「うまい店」の情報はありがたい。

しかしノートには「うまい店」より目を引く記述があった。たいそう味気ないセルフサービスの安い店があるというのだ。私は安いという言葉に弱い。またノートにあった「立て付けの悪いドアをこじ開けると」といった記述も琴線に触れる。さっそく出かけてみた。

その安食堂はゴーインデパートの道を挟んだ反対側を少し東に行ったところにあった。

bsk_dnr_view.jpg

----------------------------------------------------------------
(…続き・全文を読む) / (ランキングへ)

2007年08月07日

ビシュケク パンフィロフ公園でディナー


ビシュケクの中心部を散歩していると公園がよく目につく。
街自体が森や林の中に作られているようなものなので、今更公園なんかとも思うのだが、わざわざ市街中央にパンフィロフ戦士記念公園とかドォボフィー公園とかを狭いエリアに作ってくれている。まぁ公園作りはあんまり金がかからないからねぇ。大体この街、大通りもほどんど公園じゃないか。

そんなビシュケクだが、パンフィロフ公園はちょと毛色が違う。
ただ林と彫像・ベンチがあるだけではなく、ちょっとしたアトラクションが並んでいて市民の憩いの場になっているのだ。

panfiro_BBQ.jpg

----------------------------------------------------------------


(…続き・全文を読む) / (ランキングへ)

2007年08月05日

ビシュケク、街の飲み物2種


ビシュケクは一応キルギスの首都だ。

首都なのだからそれなりに賑わいもあるし、政府の中枢機関もここに置かれている。多分キルギスで一番立派なホテルはここだ。Hyatt Regency Bishkek。この敷地に入る車は、トランクのみならず鏡で車体の下まで検査される。

チュイ大通りの大統領府前広場。交通量が少なく寂しい。

この前には国立博物館と広場がある。
博物館は恐ろしくつまらない。私は大抵の博物館を楽しむことができるのだが、ここは世界で5本の指に入るほど、入場料を払ったことを後悔した博物館だった。

bsk_soda.jpg

----------------------------------------------------------------



(…続き・全文を読む) / (ランキングへ)

2007年08月04日

ビシュケクで取るカザフスタンビザ


キルギスから陸路中国に戻るには、オシュ経由で来た道を引き返すか、カザフスタンを通過するかしかない。そこで多くの旅行者、特にノービザで入国した日本人はビシュケクでビザを取ることが多い。ちなみにカザフスタンのビザは、中国のウルムチでも取ることができる。しかしキルギスで取ると日本人はUS$5と破格に安い。

さて、このカザフスタンビザだが、取得には少々手間がかかる。
まず、大使館から大変に遠いカズコメルツ銀行に行って、先に手数料5$を支払わなければ申請を受理してもらえない。何も知らずに大使館に直行すると時間と手間を浪費することになる。

しかもカザフスタン大使館のビザ業務は、2007年7月の時点で、火曜日申請で金曜交付、木/金曜日申請で火曜日交付と、短い時間しか行っていない。なぜか月曜日にはビザ業務を行っておらず、しかもトランジットビザも観光ビザも所要日数は同じだ。

そういう訳で効率的に手続きを進めないと、ビシュケクで数日足止めを喰らうことになる。私のような短期旅行者にこれは痛い。

bsk_kzf_map.JPG

----------------------------------------------------------------


(…続き・全文を読む) / (ランキングへ)

2007年08月03日

緑豊かな森の街、ビシュケク。でも豊かすぎっ!!


緑豊かな街という言い方がある。良く我が家の郵便受けに入っている不動産広告では、ちょっと都心を離れた物件はみんな緑豊かな街を売り物にしている。確かにコンクリートやアスファルト剥き出しより、木々が豊かな方が快適ではある。

ビシュケクは緑豊かな街だ。
必要以上に緑豊かと言っても良い。

夏は日差しが非常識に強く、また冬は風が冷たいのだろう。ほとんどの道路には街路樹が2重、3重に植えられている。これが夏の暴虐的な日光を浴び大変良く育っている。

例えばここはビシュケクのメインストリートのひとつである、ソビエツカヤ通り、サクラにちかいゴーインデパート前の交差点だ。さすがに交差点の中にはないが、道路の両側に街路樹がたくさん植えられていることが分かる。

bsk_grnroad.jpg


ここで気になるのが、ビシュケク市民なら誰でも知ってるゴーインデパートより街路樹の方が背が高いことだ。

街路樹の裏にある建物がそこそこ立派なら、遠くからでも建物は分かるしロケーションを失うことも少ない。しかしビシュケクでは建物が貧相な割に街路樹だけは元気なので、道路の景観に変化が少ない。私は比較的方向感覚が良い方なのだが、ビシュケクではあまりに似たような表情の道路が多いため、多少苦しむこともあった。

----------------------------------------------------------------
(…続き・全文を読む) / (ランキングへ)

2007年08月02日

在キルギス日本大使館、りょ、領事さんですか!?


無事にビシュケクに着いたのでまずは外国人登録だ。

ビシュケクのオビール(Ovir)はソビエツカヤ通り添いに近く、サクラゲストハウスからは歩いて10分もかからない。暑さに耐えられなければ4番のトロリーバスに乗っても良い。3comだ。

パスポートのコピーと申請書を書いてカウンターに並ぶと、係の女性に料金150comを支払うように言われ別室に案内される。そこでは二人の若い女性がクロスワードパズルに嵩じていたが、上司らしき女性に何か指示されると、わら半紙に何かを書き始めた。どうやらこれが外国人登録に必要な「レター」なるものらしいが、なんとも効率が悪い。旧ソ連なのだな、とつくづく感じる。

10数分後、上司の女性が別室からパスポートを持ってきてくれた。この方はキルギス語もロシア語もできない私にも大変親切に対応してくれた。笑顔で登録スタンプを見せてくれる。

うわっ!
そこはカザフスタンビザのために取っておいた、最後の空きページ!


今まではイミグレで「このページは使わないで」となんとか確保できたのだが、別室で押された日には厳しい。ついに私のパスポートには空きページがなくなってしまった…

bsk_pass_recipt.jpg

----------------------------------------------------------------


(…続き・全文を読む) / (ランキングへ)